FC2ブログ

単語の覚え方(追記あり)

2008/07/16(Wed) 21:40
英単語

僕は特に「語彙」に関しては相当努力してきました。
単語の覚え方は2つあります。1つは単語帳で覚えるやり方。もう1つは文脈の中で覚える方法です。僕は基本は単語帳派で、問題集を解いた後は知らなかった単語を覚えています。

単語帳は今の「ウルトラ語彙力主義」で10冊目くらいだと思います。大学受験レベル~TIMEレベルまで一通りやりました。

僕の単語の覚え方は「単語と触れ合う機会を意図的に増やすこと」です。人によっては書いて覚えるという方もいらっしゃると思います。僕の場合は「何度も色々な所で確認すること」が単語の覚え方です。見ると言っても、ただ、「じーっと」見るのではなく、空いた時間に何度も繰り返して見ます。

その後、辞書の例文で確認して単語の使い方や使われる状況を確認します。単語を1個だけ覚えるよりも、よく使われるフレーズ(コロケーション)で覚える方が極めて効率的です。

単語をある程度覚えたら、問題集をやったり、英字雑誌を多読して、単語と触れ合う機会を意図的に増やします。よく出る単語は至る所に登場します。さすがにあらゆる所で何度も目にすれば覚えてしまいます。

覚えるのが苦手な単語があったら、Googleなどで例文を検索して、自分の好みに合った例文で覚えるのも一つの手だと思います。


追記

大切なことを書き忘れました。

基本的に僕が単語集をやるのは通勤電車の中だけです。

毎日、往復で30分位。

2月からTOEICの学習を開始しましたが、今まで、「コーパス英単語」と「出まくりキーフレーズ」を電車の中で学習しました。

今は「ウルトラ語彙力主義」と「出まくりキーフレーズ」の学習をしています。

電車の中での学習時間は僕にとって、かなり大切です。
スポンサーサイト




trackBack(0) | Comments(4)

Page up▲

僕と英語 浪人編

2008/07/16(Wed) 21:13
連載物

本日、第140回 7月27日実施のTOEICの受験票が郵送されてきました。あと、11日ですね!気合いが入ります。


本日は「僕と英語」の浪人編を書きます。


現役時に大学受験に失敗して、浪人することになりました。そして地元の予備校に行くことになりました。
そこで運命的な出会いが僕を待っていました。素晴らしい英語の先生に出会ったのです。講義は英文解釈の授業でした。何となく読むのではなく、緻密な文法解析から始まり、頻出単語・熟語を網羅した授業で、大変面白かったです。その時に初めて、「英語が面白い!」と感じました。成績は急上昇し、5月の模試では偏差値が65になっていました。

しかし、英語が本当に面白い!と実感したのは代ゼミの全国記述式模試を受験した時でした。豚に関する長文を読んで、すごく内容が理解できて面白い!と思ったのです。面白い文章が何回も読みたくなり、長文専用のノートを作りました。左側のページに長文のコピーを貼りつけて、右側のページに知らなかった単語や熟語を書き込みました。電車の移動中や空き時間に、そのノートの文章を何回も読み直しました。大体、1冊につき30本ほどの英文をストックしていました。自宅では音読しました。

不思議なものです。あれだけ苦手意識のあった英語が一番の得意科目になりました。「面白い!」と思わせてくれた先生には大変感謝しています。その時に、英語に興味を持っていなかったら、今の僕はいません。やはり、「先生」って偉大なんですよね。本当に、そう思います。

その後、英語の成績は偏差値70前後で安定し、最高時は75まで上がりました。当時は英語しか勉強していませんでした。(笑)翌年、無事に大学に合格したのでした。(つづく)

振り返ってみると、この時は天狗になっていました。英語は奥が深いのに。(笑)



trackBack(0) | Comments(2)

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2008 土佐犬の英語学習記, all rights reserved.
Calendar
06 | 2008/07 | 08

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Page up▲