FC2ブログ

国連英検特A級に向けて

2009/03/01(Sun) 23:30
国連英検特A級

早速、本日から2009年6月7日(日)に行われる、国連英検特A級1次試験に向けて学習を開始しました。国連英検特A級は国内で行われている英語試験の最高峰と言われている通り、英検1級よりも数段難しい試験です。語彙のレベルも1級の比ではありません。

1次試験の試験形式は試験時間が2時間。客観問題が80点、エッセイが20点の100点満点です。最近の合格点が55点前後ということですから、平均点は恐らく5割を切っているでしょう。2次試験は面接があります。

まずは自分がどのレベルにいるかを確認するために、2003年度第1回の過去問を解いてみました。1時間24分でエッセイ以外の客観問題を解きました。57/80でした。この回の合格点は68点ということですから、エッセイで11点取れば合格なんですが、今回は明らかに出来すぎだと思います。

国連英検特A級に向けた学習は下記を考えています。語彙は英検1級~GREレベルまでを抑えます。読解は毎日、TIMEの記事を速読・精読します。また、指定教材を使って国連に関する知識を学習します。ライティングはまずは過去問を一通り確認することから始めます。リスニングだけのテストはありませんが、CNNを100%理解できる力を身に付けたいと思います。スピーキングはリスニングも兼ねて、「実践ビジネス英語」を使いたいと思います。更に国連の基礎知識や国際情勢の基礎知識を身に付けたいと考えています。

少しでも参考になりましたら、クリックをお願いします!


人気ブログランキングへ
英語学習ランキングへ
スポンサーサイト




trackBack(0) | Comments(13)

Page up▲

新しい道へ

2009/03/01(Sun) 22:47
独り言

昨年の2月下旬からTOEICの学習を真剣に開始し、ちょうど1年が経ちました。この1年間、まさしくTOEIC漬けになりました。運良く、990点を取れましたが、英語の4技能の実力が足りないのは明らかです。前回の記事で「TOEICは面白くてやめられない。」と書きました。それは僕の本心です。AERA English 4月号の神崎先生の言葉をずっと考えていました。「990点を取るために英語を勉強してきたわけではない。」確かにその通りです。僕の英語人生を振り返っても、そうなんです。今まで英検1級やTOEICに取り組んできたのも、「英語の実力を付けたい。少しでも上に行きたい。」と思っていたからです。その目標は当然取りに行くわけですが、大切なのはその過程において、どれだけ英語を勉強し、実力を付けることが出来るかだと考えてきました。しかし、現状を見ると僕は990点を取ること自体が目標で過程が伴っていないのです。1年間、学習をしてきましたが、昨年の3月のTOEICの前と後では熱意が全然違うように思います。

これからどうしたいのか?自分の本心、今、本当にやりたいことに気付きました。僕は次の目標を目指して学習することで、更に英語力を上げていくことに決めました。国連英検特A級に挑戦します。特A級を目指す過程において、高度な英語力と国際情勢の知識を身に付けたいと思います。TOEICは3月の受験で一旦お休みします。当たり前ですが、全力で受験しますよ。

少しでも参考になりましたら、クリックをお願いします!


人気ブログランキングへ
英語学習ランキングへ

trackBack(0) | Comments(4)

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2009 土佐犬の英語学習記, all rights reserved.
Calendar
02 | 2009/03 | 04

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Page up▲