FC2ブログ

国連英検特A級2次試験対策

2010/02/05(Fri) 23:00
国連英検特A級

国連英検特A級の2次試験に2回連続で不合格となり、正直に言って、どうすれば合格できるんだろう?と途方に暮れていました。1次試験は独学で合格できましたが、2次試験に関して言えば独学では厳しいかなと思い、昨日英会話学校の体験レッスンを受講してきました。特A級と言っても留学経験や海外経験がない方でも合格できることは知っています。僕自身、英検1級に合格して初めて海外に行きましたし、国内の英語学習環境は昔と違って格段に良くなりました。インターネットの普及で自分の好きな時や都合の良い時間にネット上で英語の雑誌が読めますし、CNNやBBCの音声も聴くことが可能です。ある意味、英語力の向上という観点から見た時に留学経験や海外経験は別にマストではないと個人的には思っています。勿論、留学してこれを勉強したいとか、海外の文化に触れたり、生活を経験したいという方には当てはまりません。

僕は7月の国連英検特A級の2次試験に絶対に合格したいので、今の自分に出来ることは全てやってみようと決めました。当たり前のことですが、英会話学校に通うだけで2次試験に合格する訳ではありません。英会話学校でのレッスンはあくまでも発表の場であり、修正作業の時間であって、自分一人でどれだけ勉強できるか、準備できるかにかかっています。英会話学校に通うことは一種の“スパイス”だと思います。この考え方は何でもそうだと思います。いくら学校の講師が良くて実績があっても、自分で努力しなければ成長しません。

昨日は国連英検特A級の2次試験形式(15分間の面接)を2セット行った後で講評を戴き、カウンセリングをして戴きました。その時に戴いた講評です。

①話すスピードが極端に遅くなることがある。最低でもこれ位という速さを維持すること。
②決まっている英語表現をしっかり使うこと。
③話し方が少々フラットに感じる。面接はプレゼンテーションの一種だから、抑揚を付けてみよう。面接官を自分の話に引き込むような話し方をすること。

2月~4月は1ヶ月に2回、5月~7月は1週間に1回レッスンを受ける計画です。レッスンは国連英検特A級の2次試験形式ですが、使う素材は受講者が自分で用意したものを使います。大切なのは“自己学習”です。この機会に自分の英語の発信力を伸ばしたいと思います。

ランクアップが非常に励みになっています。少しでも参考になりましたら、応援クリックをお願いします。お時間がある時で結構ですので、人気ブログランキングの応援もよろしくお願いします!

人気ブログランキングへ
英語学習ランキングへ

 

スポンサーサイト




trackBack(0) | Comments(17)

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2010 土佐犬の英語学習記, all rights reserved.
Calendar
01 | 2010/02 | 03

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

Page up▲