FC2ブログ

弱点の克服

2010/02/13(Sat) 13:30
国連英検特A級

国連英検特A級の2次試験で試験官の話す内容が理解できず、2回ほど聴き直しました。面接試験で大切なことは試験官の質問に対して、適切な返答をすることです。的がずれた回答を長々としてもダメでしょう。これは面接試験に限らず普通に友人や家族との会話、仕事での会話でもそうですよね。「違う。そんなことは聞いていない。私が聞いているのはこういうことだ。」と普通の会話であれば教えてくれますが、面接試験の場合は素通りされることが多い気がします。それは試験であり、コミュニケーション能力を測っているからでしょう。失敗したなあと思ったのは、通訳案内士試験の面接で2回聴き直しても理解できず、多分こういうことを話しているんだろうなあと想像して答えたことがありました。これはまずいですよね。ここで恥ずかしがらずに、「あなたの質問はこういうことですか?」と聴き直していれば、少しはまともな回答が出来たかもしれません。適当に回答はしない方がいいなと思いました。

僕はリスニングが苦手です。TOEICのリスニングで495点を何回か取りましたし、平均460-470ですが、あまり関係ない気がします。TOEICは英語の基礎力を試す試験だと考えていますので、スコアが高い方が間違いなく基礎力はあるはずです。慣れの問題もあるかもしれません。僕は仕事柄、ノンネイティブと話す機会は沢山ありますが、ネイティブと話す機会は皆無と言っていいでしょう。英会話学校に通う目的に、ネイティブとストレスを感じることなく会話をしたり、ディスカッションをしたりすることができるようになることがあります。そうは言っても、慣れだけではないと思います。リーディングやボキャブラリーにかけた時間と同じ位、リスニングに時間を割いて学習してきたか?と自分に問いかけてみた時に、イエスと胸を張って言えるか?残念ながら言えません。自分一人でできることはしっかりやろう!と思いました。

そこで再開したのが、実践ビジネス英語のディクテーションとシャドーイングです。最終的には、スキットを完全に覚えて自分の表現として使いたいと考えています。実践ビジネス英語の学習に慣れてきたら、CNNも同じように学習したいと考えています。

先日、英語の旅人さんから常識的な平易な内容で、正しい発音や文法で話すこと、すなわち当たり前の英会話力の向上をされるのが早道かと思います。」というアドバイスを戴きました。当たり前の英会話力に磨きをかけることが僕には大切だと思うのです。

さて、これから特A級の面接試験の学習をします。目標は違うかもしれませんが、自分の目標に向かって突き進んでいる方はお互いに頑張りましょう!今日は確かTeam Sampaの勉強会があったような気が・・・。(汗)

いつも暖かい応援ありがとうございます。皆様の応援やコメントにいつも励まされています。少しでも参考になりましたら、下のバナーをクリックして戴けると、より一層の励みになります。

人気ブログランキングへ
英語学習ランキングへ

 




スポンサーサイト




trackBack(0) | Comments(4)

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2010 土佐犬の英語学習記, all rights reserved.
Calendar
01 | 2010/02 | 03

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

Page up▲