スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

国連英検特A級受験を振り返って

先日受験した、国連英検特A級の1次試験を振り返ってみたいと思います。現在、特A級に挑戦されている方、今後受験される方の参考になれば嬉しく思います。

大問1の国連の知識問題について。試験問題が持ち帰り可になった影響があるのか、リサイクル問題が減っているように感じました。過去に出題された問題(A級・特A級)をしっかり学習していれば、10点中5点は得点できたと思います。残りの5点を取るためには、指定テキストを読みこむ必要があると思います。興味がある分野を読むだけでも、点数に繋がる可能性があります。2次試験で細かい知識を問われることは、経験上あまりありません。1度だけ指定テキストを見ながら質問されたことがあります。国連事務総長についてと、国連憲章についてです。他の方が国連の加盟国数、国連の設立理由について質問されたと聞いたことがあります。でも、国連英検を受験するのであれば、国連について勉強するのは当然だと思います。指定テキストは非常に勉強になりますよ。

最近の特A級を受験して感じること。動詞の形を変える問題が毎回出題されますが、ここ最近は非常に易しくなりました。以前は助動詞と動詞のセットで下線が引かれていたと思いますが、最近は動詞のみに引かれています。特A級の受験者であれば、10点中9点か10点を取っていると思います。また、数年前と比較して、難しめの単語が出題されなくなりました。英検1級レベルの単語をしっかり覚えておけば、問題ないように思います。ただ、流石に国連英検特A級レベルなので、微妙なニュアンスを問われる問題が出題されます。似たような意味の単語から文脈に最も合致した単語を選ばせる問題が出題されます。今回の試験、特に難しい単語はあまり出題されませんでしたが、頭を抱えた問題が幾つかありました。僕の力不足でした。このような傾向があり、昨年の特A級は2回とも合格点が68点でした。

今回の試験、終了直後は、合格点68点はないだろうと思っていました。昨年の試験問題(春・秋)と比べて、若干難しかったように感じたからです。でも見直しをする過程で、あまり変わらないかなと思うようになりました。自己採点をしたら、客観問題の点数は昨年の秋の試験と同じでした。合格はエッセイの出来次第です。マークミスがないことを祈るのみです。近い将来、特A級の1次試験を余裕で合格してみたいものです。


ブログにいつも訪問してくださり、ありがとうございます。少しでもお役に立ちましたら、下のバナーを3つクリックして戴けると、嬉しいです。宜しくお願い致します。

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
2013-05-29 : 国連英検特A級 : コメント : 4 : トラックバック : 0 :

国連英検受験してきました。

本日、国連英検特A級を受験してきました。1次試験受験は1年ぶりでした。長野県の会場(松本)はいつもの会場ではなく、信州大学でした。岡谷に7年もいたのに、初めて松本で路線バスに乗りました。(笑)試験会場に入室できる13時に到着し、受付を見ると、係の人がいない。待つこと20分。係の方に教室に案内して頂きました。受験者は5~6人だったと思います。Pon子さんもいらっしゃいました。他にも見覚えのある方が数名いらっしゃいました。やっぱり、国連英検特A級は難しい試験なんだなと再認識しました。

肝心の試験ですが、難しく感じました。合格点が昨年と同じ68点だとしたら、ボーダー上にいると思います。解答速報はまだ出されていませんが、殆どの問題の答え合わせは終わっています。

試験問題を持ち帰り可にしたためか、1番の国連の知識問題はリサイクル問題が少なくなっています。また、過去問が新しく発売されましたが、似たような問題がいくつか他の大問で出ていました。過去問で目を引いたのはエッセイの模範解答です。模範解答通りには絶対に書けませんが、求められているものが分かりました。

国連の知識問題はいつものように、試験直前に勉強し始めたのですが、1次試験に留まらず、2次試験でも十分役に立つ内容であると今更ながら思いました。

試験が終わり、外を見ると雨。帰る時に、「土佐犬さんですか?」と声をかけられ、1度別れた後、コンビニで再会し、駅まで送ってくださるということで、松本駅まで送ってくださいました。Pon子さん、ご心配をおかけして申し訳ありませんでした!その方は、新潟から受験のため、遥々、車で松本まで来られたとのこと。Kさん、本日は大変ありがとうございました。お蔭様で予定より1時間早く、自宅に到着できました。今度お会いする時は、2次試験会場でお会いさせて頂きたいと思います。

ちなみに、秋の国連英検、恒例の諏訪湖マラソンと重なったので、受験できません。残念!本日、国連英検を受験された皆様、お疲れ様でした!


ブログにいつも訪問してくださり、ありがとうございます。少しでもお役に立ちましたら、下のバナーを3つクリックして戴けると、嬉しいです。宜しくお願い致します。

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 
2013-05-19 : 国連英検特A級 : コメント : 11 : トラックバック : 0 :

学習素材としての英字新聞・英字雑誌

「エコノミスト」で学ぶビジネス英語「エコノミスト」で学ぶビジネス英語
(2012/10/25)
松井 こずえ

商品詳細を見る


以前、The Economistを読むのに役立つと思い、上記の本を購入しました。The Economistは名前の通り、経済系の雑誌ですが、経済、国際情勢、科学、文化と、興味深い記事が沢山掲載されています。科学系の記事は英検1級の勉強をしていた時によく読んでいました。確か、本試験で長文読解の問題として出題されたことがあったと思います。最近は専ら、国際情勢の記事をよく読んでいます。The Economistの記事は比喩、しゃれ、皮肉的表現がよく出てきます。また、記事に関する基本的な背景知識は、読者は既に知っていると考えているためか、そういう説明はあまりされません。そのため、背景知識がないと、記事によっては辛いことがあります。

僕は大学1年生の時に英字新聞を読み始めました。始めは、THE DAILY YOMIURI。次にThe Japan Times。どちらも駅の売店で買えます。その後、TIME・Newsweek。現在はThe Economistを主に読み、色々な英字新聞や英字雑誌をネットで読んでいます。

英字新聞を読み始めた頃は、面白そうな記事を見つけたら、記事を切り取ってノートの左側に貼り、右側に知らない単語や表現の意味を英英辞典で調べて書き写しました。TIMEを読んでいた時は、一つの記事をさっと読んで、日本語で記事の主旨を書きました。電車の中で数時間、TIMEを読むこともありました。

英字新聞や英字雑誌は使い方によっては、英語の参考書よりも価値があると思います。


ブログにいつも訪問してくださり、ありがとうございます。少しでもお役に立ちましたら、下のバナーを3つクリックして戴けると、嬉しいです。宜しくお願い致します。

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2013-05-09 : 独り言 : コメント : 6 : トラックバック : 0 :

昨日の記事の補足

昨日、書いた記事について補足しておきます。自分自身のぶれない気持ちとは、自分の英語学習における根幹を為すものです。その気持ちに基づいて、どのように勉強するかを決めます。その気持ちを忘れるということは、まずありません。それは自分の英語学習における設計図であり、DNAのようなものだと思うからです。簡単に忘れたり、思いつくものではないと思います。そんな軽いものではないです。

ブログにいつも訪問してくださり、ありがとうございます。少しでもお役に立ちましたら、下のバナーを3つクリックして戴けると、嬉しいです。宜しくお願い致します。

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2013-05-08 : 独り言 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

自分の気持ち

今でこそ、国連英検特A級オンリーで勉強していますが、そこに落ち着くまでは自分の中で色々な葛藤がありました。英語学習で目指すべき方向性についてとことん悩んで、ブログに書いたところ、Yutaさんからコメントを頂いて、そのコメントのやり取りの中で道が定まった覚えがあります。元々、このブログはTOEICブログとしてスタートしました。そのため、TOEICから離れることでTOEIC界隈から孤立するのでは?という懸念が非常にありました。しかし、自分の気持ちに嘘はつけませんでした。今、振り返ると、自分の決断は間違っていませんでした。周りに流されず、自分が本当にやりたいことをやればいいのです。

英語学習者であれば、TOEIC900点とか英検1級合格という目標を決めて勉強している方が多いと思います。勉強しているのに結果が出なくて非常に苦しい時があると思います。その時に何を糧にして乗り切りますか?自分自身の中で絶対にぶれない理由、強い決意、アツイ気持ちがありますか?その想いを他の人に熱く語れますか?自分自身で自分の実力以上のものを目指す時は、自分自身で決めた絶対にぶれない理由が必要になると思います。他の人が何を言おうと、自分を信じ、努力し続けるために、常に自分の気持ちを熱く燃やし続けるものです。それがあれば、あとは頑張るだけです。必死に頑張って結果が出なくても、次に結果を出すために努力し続ければいい。結果が出せなかった言い訳なんて考える必要はない。考えるとしたら、どうすれば目標を達成できるか考えた方がまだマシでしょう。

ブログにいつも訪問してくださり、ありがとうございます。少しでもお役に立ちましたら、下のバナーを3つクリックして戴けると、嬉しいです。宜しくお願い致します。

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
2013-05-07 : 独り言 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

色々と

今日で長いゴールデンウイークが終わります。このGWに昨年の秋に行われた国連英検特A級の過去問を解きました。少々緊張して。だって合格点に全くかすりもしない点数だったらヤバイじゃないですか。解き終わって少しホッとしました。いくつかケアレスミスをしましたが、戦える点数でした。残り2週間、万全の態勢で試験に臨むために勉強します。

最近、このブログでは国連英検特A級に絞って記事を書いています。英検やTOEICもあるのに何故か?それは僕が最近受験していないからです。実際に自ら受験した人が書くべきだと思います。ただ、色々なブログを見て、スコアが思うように伸びていない方を見ると、お節介ではありますが、アドバイスを書きたくなります。

自分自身の経験を踏まえて言わせて頂くと、点数が伸びない原因は単純に学習量が足りない、問題を解いて復習をしない、あるいは自分のレベルに合った勉強をしていないのどれかではないかと思います。英検もTOEICもそうですが、英語力が上がれば、必然的に取れる点数は上がります。英語力が上がるとは、以前読んだり聞いたりして分からなかった英語が今は1回読めば、または聞けば分かるということを言うのではないかと思います。つまり分からなかったことが分かるようになるということです。分からないことを解決せずに放置しておけば、一生分からないままでしょう。分からないことが増えていくと、勉強する意欲が削がれます。だから、分からないことは自分で調べて自己解決するか、人に聞いて解決する必要があると思います。分かるポイントが増えていくと、学習が楽しくなり、学習量が増え、英語力が上がり、必然的に点数も上がっていくはずです。

ブログにいつも訪問してくださり、ありがとうございます。少しでもお役に立ちましたら、下のバナーを3つクリックして戴けると、嬉しいです。宜しくお願い致します。

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
2013-05-06 : 独り言 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

国連英検特A級のエッセイ

国連英検特A級の1次試験には、エッセイが出題されます。国連英検特A級の1次試験では、8つの大問とエッセイ(200~250字)を2時間で解かなければなりません。8つの大問を解くだけでもキツイのに、最後にエッセイが待っている訳です。このエッセイのトピックがどの分野から出題されるかは分かりません。分かっているのは、特A級では国連がすべきこと、A級では日本がすべきことを問われることが多いということです。だから、どの分野から出題されても良いように、国連のHPを見て、国連の様々な活動をまとめておくと役に立ちます。また、過去に出題されたトピックが国連英検のHPに掲載されていますので、自分で一通り書いてみることをお勧めします。エッセイの配点は20点あります。20点は大きいですよね!エッセイを白紙で出しても合格できる英語力があれば、それでも良いかもしれませんが、並の受験者では無理でしょう。特A級の合格点は昨年は2回とも68点だったようです。エッセイ抜きで68点を取るということは、マークシートの問題80点で85%の正解率が必要です。(ひぇ~!)

今までの経験で、エッセイで失敗したのは他の問題で時間を使いすぎて、時間が残っていなかった時です。200字に届かないと、5点位しか取れません。逆に、内容の良し悪しを抜きにして、200字を埋めた時は、9点~13点は取れました。決して良い点数ではありませんが。僕が言いたいのは、エッセイの字数をきっちり埋めれば、ある程度の点数は稼げるということです。学習段階で、8つの大問を全て解き終えて、エッセイを書く時間が十分残っている方は問題ありませんが、時間が足りなくなることが分かっている方は、何かしら策を考える必要があると思います。例えば、時間を決めて先にエッセイを仕上げるとか。個人的には、エッセイで11点~13点取り、マークシートの問題で55点~57点(69%~73%)程取るのがベストかなと考えています。

受験される方のお役に立てれば嬉しいです。


ブログにいつも訪問してくださり、ありがとうございます。少しでもお役に立ちましたら、下のバナーを3つクリックして戴けると、嬉しいです。宜しくお願い致します。

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
2013-05-05 : 国連英検特A級 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

国連英検特A級 1次試験の出典

国連英検特A級の1次試験は大問1の国連に関する知識問題、最後のエッセイを除くと、純粋に英語力を測る試験です。ただ、扱っている内容が大体国際情勢絡みです。問題の出典は、CNN,英字雑誌のTIMEやForeign Affairs,国際情勢関係の書籍からのようです。僕は普段、主にThe Economistを読んでいますが、Foreign Affairsは硬く感じます。冗談や皮肉がありません。(笑)まあ、論文ですからね。ただ、情報源としては一番良いと思います。

以上、短いですが、国連英検特A級 1次試験の出典についての話でした。

ブログにいつも訪問してくださり、ありがとうございます。少しでもお役に立ちましたら、下のバナーを3つクリックして戴けると、嬉しいです。宜しくお願い致します。

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
2013-05-05 : 国連英検特A級 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

2013年度版 国連英検過去問題集

国連英検のホームページで過去問題集が発売されることを知り、すぐに予約しました。3月末までに発売されるとのことでしたが、作業全般に遅れが生じ、5月10日頃に発売されるそうです。4月末にお詫びの書面と一緒に、2012年度第2回 国連英検の問題と解答が送付されてきました。このような心遣いは本当に嬉しいですね。素晴らしい試験だと思うので、更に普及することを祈っています。

早速、2012年度第2回 国連英検特A級の問題を解いてみました。これから問題を解く方のことを考えて細かくは書きませんが、第1回と問題の傾向・難易度は殆ど同じでした。数年前の1次試験は全体的に問題が難しく、合格点が50点台でした。ここ最近は、解きやすい問題が多く出題されるようになり、合格点も70点近くまで上がってきています。良い傾向だと思います。

過去問題集で最近の試験の傾向を熟知し、本試験で最高のパフォーマンスが出来るように準備していきたいと思います。


ブログにいつも訪問してくださり、ありがとうございます。少しでもお役に立ちましたら、下のバナーを3つクリックして戴けると、嬉しいです。宜しくお願い致します。

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
2013-05-02 : 国連英検特A級 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

石の上にも三年

2009年3月1日に国連英検特A級の学習を始めて、早いもので4年が経ちました。4年が経過し、国際情勢を学ぶことに興味が薄れるどころか、もっともっと深く学びたいという状況になっています。一英語学習者として、英語力そのものを伸ばす学習は絶対に必要です。今の僕は、英語の勉強をしながら、世界情勢を学んでいるという感じです。

英語で国際情勢の勉強をしている理由。根底にあるのは、当然ながら、英語力を伸ばすためです。具体的に言うと、The Economist等の英語雑誌を読み、BBC等の英語ニュースを聞いた時に、背景知識を十分に理解した上で内容を理解できる力を身に付けるため。理解した上で、ディスカッションできる力を身に付けるため。英語力・知識の成長具合を測るために、国連英検特A級を定期的に受験しています。

5月19日(日)に行われる、2013年度第1回 国連英検特A級に申し込みました。1次試験日まで、3週間を切りました。万全の対策をして、試験に臨みたいと思います。国連英検を受験される方は一緒に頑張りましょう!


ブログにいつも訪問してくださり、ありがとうございます。少しでもお役に立ちましたら、下のバナーを3つクリックして戴けると、嬉しいです。宜しくお願い致します。

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
2013-05-01 : 国連英検特A級 : コメント : 6 : トラックバック : 0 :
ホーム

プロフィール

土佐犬太郎

Author:土佐犬太郎
名前:土佐犬
会社員。長野県在住。楽しみながら英語を勉強しています。

英語資格:英検1級、TOEIC990、国連英検特A級 合格4回(2010年度第2回、2012年度第1回、2013年度第2回、2015年度第1回)

国連英検特A級
2009-1 1次:57/54 2次:6/8
2009-2 1次:57/57 2次:3/8
2010-1 1次: -/56 2次:6/8
2010-2 1次: -/60 2次:9/8 ◎合格
2011-1 1次:68/63 2次:5/8
2011-2 1次:55/58 2次:7/8
2012-1 1次:62/68 2次:8/8 ◎合格
2013-1 1次:70/69 2次:7/8
2013-2 1次: -/65 2次:8/8 ◎合格
2014-1 1次:71/72 2次:-
2014-2 1次:69/65 2次:-
2015-1 1次:75/72 2次:8/8 ◎合格
2016-1 1次:71/68 2次:

フリーエリア

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング

日本ブログ村ランキング

にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ ブログランキング・にほんブログ村へ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。