FC2ブログ

国連英検特A級を再受験することについて

2014/05/02(Fri) 22:28
国連英検特A級

一度合格した試験に再度チャレンジする人は少数だと思います。英検1級の受験者数と比べたら圧倒的に受験者が少ない、国連英検特A級であれば皆無ではないでしょうか。僕は2010年度第2回の試験に合格した後も、受験できないと事前に分かっている場合を除いて、1次試験から受験しています。別に外務大臣賞などの賞を狙っている訳ではありません。自分の英語力を考えると畏れ多いことです。

僕が国連英検特A級を再受験する理由。それは、一言で言えば、定期的な力試しのためです。これまで何度も書いているように、日頃の勉強の成果を試す試験としては、国連英検特A級が僕にとってはベストの試験だと思うからです。

国際情勢は日々刻々と変化しています。国連英検特A級受験について真剣に考え始めた2009年5月。あれから早いもので5年が経ちます。振り返ると、5年前の自分は国際情勢については、日経新聞の国際面を読んで半分分かったふりをしていた気がします。タイムやエコノミストを読んでも、背景知識や歴史の欠如で英語の字面は理解できても、核心的な部分は理解できていなかったように思います。5年経って、どの記事も100パーセント読めるレベルには残念ながらまだ到達できていませんが、かなり読めるようになってきたと思います。

The Economist [UK] May 2, 2014 (単号) [雑誌]The Economist [UK] May 2, 2014 (単号) [雑誌]
(2014/05/02)
不明

商品詳細を見る

国連英検特A級の資格としての価値。非常にマイナーな試験なので、知らない人が大半だと思います。今の時代であれば、TOEIC990の方が価値があると思います。でも、僕にとっては、国連英検特A級の方が何倍も価値があります。一英語試験で、ここまで視野や世界観を広げてくれた試験は過去になかったからです。

ブログにいつも訪問してくださり、ありがとうございます。少しでもお役に立ちましたら、下のバナーを3つクリックして戴けると、嬉しいです。宜しくお願い致します。

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト




trackBack(0) | Comments(4)

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2014 土佐犬の英語学習記, all rights reserved.
Calendar
04 | 2014/05 | 06

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Page up▲