スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

僕と英語 通訳案内士試験その1

本日は「僕と英語」の第11回目 通訳案内士試験その1です。

何とか英検1級に合格し、就職も決まった僕は新しい人生をスタートしました。以前の仕事と違うのは、仕事で英語が使えること。そして、土日休みがあることでした。

英検1級に合格したら、次は通訳案内士試験に合格するぞ!という目標が既にありました。通訳案内士試験は唯一の英語の国家資格です。僕もその流れに乗ろうと思いました。

僕が受験する年から“Visit Japan Campaign”がスタートし、外国人観光客を呼び込もう!という動きが活発化していました。それに伴い、通訳案内士の人数を増やそうとしている時で、良い時期に受験することになりました。

さすがに、この試験は独学では厳しいと思いました。1次試験は語学試験の他に、地理・歴史・一般常識の邦文3科目を受験する必要があります。邦文3科目はどの程度まで学習すればいいか見当がつきませんでした。更に2次試験に面接があります。

そこで、かつて英検1級でお世話になった「ハロー通訳アカデミー」の通信クラスを受講することに決めました。

英検2級レベルから学習を始めて1年間で合格するように、綿密なカリキュラムが組まれています。

通勤時間や自宅にいる時間を学習にあて、ついに願書を提出する時期が来ました。

その時に、英検1級保持者は英語の試験が免除になるという話を聞きました。しかし、僕は免除規定を使うつもりは全くありませんでした。なぜなら、通訳案内士試験の学習を通じて、自分の英語力を一段とパワーアップしたかったからです。

そして、本試験を迎えました。試験会場は都内の成蹊大学でした。僕は予定通り、英語と邦文3科目を受験しました。試験の手応えとしては、邦文3科目は大丈夫そう、英語はギリギリかな、という感じでした。

その後、残念なことに不合格通知を受け取りました。「英語」が不合格でした。邦文3科目は全て合格していました。英語仲間に馬鹿にされたのは言うまでもありません。(泣)

そして、僕の通訳案内士試験への挑戦1年目は終わりました。
2008-08-03 : 連載物 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

土佐犬太郎

Author:土佐犬太郎
名前:土佐犬
会社員。長野県在住。楽しみながら英語を勉強しています。

英語資格:英検1級、TOEIC990、国連英検特A級 合格4回(2010年度第2回、2012年度第1回、2013年度第2回、2015年度第1回)

国連英検特A級
2009-1 1次:57/54 2次:6/8
2009-2 1次:57/57 2次:3/8
2010-1 1次: -/56 2次:6/8
2010-2 1次: -/60 2次:9/8 ◎合格
2011-1 1次:68/63 2次:5/8
2011-2 1次:55/58 2次:7/8
2012-1 1次:62/68 2次:8/8 ◎合格
2013-1 1次:70/69 2次:7/8
2013-2 1次: -/65 2次:8/8 ◎合格
2014-1 1次:71/72 2次:-
2014-2 1次:69/65 2次:-
2015-1 1次:75/72 2次:8/8 ◎合格
2016-1 1次:71/68 2次:

フリーエリア

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング

日本ブログ村ランキング

にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ ブログランキング・にほんブログ村へ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。