苦手分野の克服

僕の苦手分野はリスニングです。今でも苦手意識があります。

そんな僕でもTOEICのリスニングで満点を取れました。着実に力が付く学習をすれば、誰でも聞き取れるようになるし、スコアも上がります。

実は僕はリスニングが出来なくて本当に困りました。英検やTOEICを受けても、いつも足を引っ張るのはリスニングでした。それは旧形式の時に受験したTOEICのスコアにも現れています。

僕のTOEIC初受験時のスコアは610点。リスニングは275点でした。次は4ヶ月後に受験し、700点。リスニングは370点でした。驚くことに、1年4ヶ月後の最後のTOEICまで、リスニングは350点~385点の間にとどまりました。1回も400点台に上がりませんでした。その頃、リスニングはもう上がらないんじゃないかと真剣に考えたこともありました。

それがどうしてここまでスコアが伸びたのか?それは英検1級と関係があります。英検1級でも、いつもリスニングが足を引っ張っていました。リスニング以外はそこそこ点数が取れるようになりました。得意分野を更に得意にするのと同時に、苦手分野を平均点レベルに上げなければ、1級合格はかなりキツいと思いました。

そして、ついに苦手分野のリスニングにメスを入れる決意をしました。まず最初になぜリスニングが苦手なのか考えました。色々理由はありますが、結局はリスニングに学習時間を割いてこなかったからです。得意分野の学習と同じ位、真剣にリスニングを学習してきたか?答えは明らかにNOでした。

苦手だから、いつも学習が後回しになる。→学習時間がない。→うまく聞き取れない。→伸びない。→嫌になる。の繰り返しでした。
そこで僕はリスニングの学習をしてから他の分野の学習をすることにしました。そうすれば、リスニングは絶対に学習しなければいけません。 

まず最初にディクテーションをしました。始めたばかりの頃は1~2語を聞き取ったら書くということが精一杯でした。聞こえるけれど、スペルが分からない時はカタカナで書きました。その後、添削して、なぜ聞き取れなかったのかを掘り下げました。単語が分からなかったからか、音の繋がりが分からなかったからか、スピードが早かったからかなどです。毎日、量をこなしていくと徐々にある程度まとまって聞き取れ、書けるようになりました。

次はオーバーラッピングといって、音声と同時に音声を真似て音読しました。これにより、話す早さや音の繋がりに慣れることができました。 

そして、最後にシャドーイングを行いました。最後まで付いていけるように、何度も繰り返しました。   
この一連のプロセスを何回も繰り返した結果、徐々に聞き取れる範囲が広がりました。

個人的には音読とシャドーイングがリスニング力を大幅にアップさせてくれたと思います。そして、何回も口に出して言ってみること=アウトプットが大切です。

皆さんも苦手分野から目を反らさずに真剣に取り組んでみてください。新しい自分が見れますよ!


※人気ブログランキング(リンクの一番上)の応援をお願いします!皆様のおかげで、急落から急騰に転じました!
2008-08-11 : 独り言 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

土佐犬太郎

Author:土佐犬太郎
名前:土佐犬
会社員。長野県在住。楽しみながら英語を勉強しています。

英語資格:英検1級、TOEIC990、国連英検特A級 合格4回(2010年度第2回、2012年度第1回、2013年度第2回、2015年度第1回)

国連英検特A級
2009-1 1次:57/54 2次:6/8
2009-2 1次:57/57 2次:3/8
2010-1 1次: -/56 2次:6/8
2010-2 1次: -/60 2次:9/8 ◎合格
2011-1 1次:68/63 2次:5/8
2011-2 1次:55/58 2次:7/8
2012-1 1次:62/68 2次:8/8 ◎合格
2013-1 1次:70/69 2次:7/8
2013-2 1次: -/65 2次:8/8 ◎合格
2014-1 1次:71/72 2次:-
2014-2 1次:69/65 2次:-
2015-1 1次:75/72 2次:8/8 ◎合格
2016-1 1次:71/68 2次:

フリーエリア

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング

日本ブログ村ランキング

にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ ブログランキング・にほんブログ村へ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索