スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

TOEICと英検について

私は学生時代に英検1級をゴールとし、TOEICを学習の成果を示す指標として使ってきました。おそらく、純粋に実力を引き上げる方法としては英検1級を目指す学習が最も効率的だと思います。何故なら、英語の四技能を全て学習するからです。英検1級合格と同時にTOEIC900以上がプラスで付いてくる感じでしょうか。私はコンスタントにTOEICで900点以上取れる実力を付けようと思っています。そして、英検1級に再チャレンジして1次試験、2次試験共に9割以上得点したいなと考えています。現在の実力では、現実的には、かなり厳しいと思います。
2008-04-06 : 英検1級 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

こんばんは!
土佐犬さんこんばんは!そうなんです、僕も3月23日をピークに、イマイチ調子が出ません(苦笑)でも土佐犬さんがおっしゃっているように、3ヵ月後に泣きをみないように、やっぱりやらなければならないと思っています。英検準1級ですが、リスニングのPassageが全然出来ません(泣)Real LifeはTOEICのPART3~4とほとんど同じ感じなので大丈夫そうで良かったです。あ、あと英作文が慣れないとキビシイですね(苦笑)土佐犬さん、英検1級に再チャレンジですか!?凄いバイタリティです、見習わなくては・・・またアドバイスをいただきに参ると思いますのでよろしくお願いします!
2008-04-07 01:03 : HUMMER URL : 編集
HUMMERさんへ
こんばんは!ブログにも書いた通り、HUMMERさんに良い刺激を頂きました。これからも学習続けていきます。英検1級は具体的にいつ受けるとは決めていません。漠然的にいつかまた受けてみたいと思っています。英検準1級のリスニングのパッセージ問題は説明文です。解き方はTOEICと同様に先読みが効果的です。TOEICと異なるのは自由にメモを取れることです。ただ、英検の場合、選択肢が巧妙に出来ているため、内容が聞き取れても間違ってしまう可能性が時々あります。そういう時は消去法ですね。パッセージ問題の対策としては、本文を一読して意味をしっかり理解できるようにすることです。そのためには、ある程度の早さでその文章を前から順番に読み、理解できるようにする力を養うことです。同じ早さで読んで理解出来ないものは聞いても分かりません。内容を完全に理解した後、音読やシャドウイングをすることは大変効果的です。英作文は、正しい英文かつ、基本的な言い回しで書けば問題ないはずです。書くことに不慣れであれば毎日、英語で日記を書いたり、寝る前に一日の出来事を英語で言ってみたりするのも効果的です。その時に、こういう言い回しはどうかな?とか、単語は知っているけど、この使い方で合っているのかな?といった疑問を辞書で確認して、解決して、自分のものにしていくのも良い学習になります。
2008-04-07 21:53 : 土佐犬 URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

土佐犬太郎

Author:土佐犬太郎
名前:土佐犬
会社員。長野県在住。楽しみながら英語を勉強しています。

英語資格:英検1級、TOEIC990、国連英検特A級 合格4回(2010年度第2回、2012年度第1回、2013年度第2回、2015年度第1回)

国連英検特A級
2009-1 1次:57/54 2次:6/8
2009-2 1次:57/57 2次:3/8
2010-1 1次: -/56 2次:6/8
2010-2 1次: -/60 2次:9/8 ◎合格
2011-1 1次:68/63 2次:5/8
2011-2 1次:55/58 2次:7/8
2012-1 1次:62/68 2次:8/8 ◎合格
2013-1 1次:70/69 2次:7/8
2013-2 1次: -/65 2次:8/8 ◎合格
2014-1 1次:71/72 2次:-
2014-2 1次:69/65 2次:-
2015-1 1次:75/72 2次:8/8 ◎合格
2016-1 1次:71/68 2次:

フリーエリア

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング

日本ブログ村ランキング

にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ ブログランキング・にほんブログ村へ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。