FC2ブログ

「僕と英語 大学2年生編」の補足

2009/01/29(Thu) 21:52
連載物

本日は早めに帰宅できたので、記事を更新します。「僕と英語 大学2年生編」を読んでいて思いました。英検1級とTOEIC900点を目指した訳を書いていませんでした。

「僕と英語 大学2年生編」で書いた理由はこんな感じでした。

僕には夢があります。この夢を大学生から、ずっと持ち続けてきました。「会議通訳者になること。」そのために、英語力をかなり高度なレベルに引き上げる必要があったのです。

「大学卒業までに英検1級とTOEIC900点を取ること。」
これ位の英語力が会議通訳者の学習開始レベルだからです。


なぜ、このレベルを設定したのか?実は、インタースクールという通訳学校にお邪魔したことがあるのです。その時に通訳学校に通い始める段階で、英検1級とTOEIC900点位を持っていないと話にならないと言われました。その時に、英検1級とTOEIC900点を取ることを意識したのです。実際には、このようなスコアをお持ちでなくても、立派に通訳として働いていらっしゃる方も沢山いらっしゃると思います。また、通訳をすることと、英語の資格は無関係とみなし、実力は十分あるにもかかわらず受験されない方もいらっしゃると思います。

僕は今でこそ、英検1級とTOEIC990点を持っていますが、通訳を仕事として立派にこなされている方を見ると、大変尊敬してしまいます。英語力が多少あるだけでは、決して勤まらない仕事だと思います。社会に出て数年経った頃まで、漠然と会議通訳者になりたいという夢がありました。でも今は、夢が変わってきています。通訳者はあくまで黒子であって、主人公ではないと思います。自分の感情や考え方を押し殺して、クライアントの通訳が出来るのか?というと、ちょっと僕には無理だと思います。それよりも、自分のために英語を使う仕事の方が僕には向いている気がします。これからも、自分のために英語力を磨いていこうと思います。

少しでも参考になりましたら、クリックをお願いします。


人気ブログランキングへ
英語学習ランキングへ



trackBack(0) | Comments(2)

Page up▲

Post a Comment

comments

2009/01/30 19:49 [ 編集]
*aimee* MAILURL

土佐犬さん、こんにちは。
私も、以前は通訳は黒子で自分の感情を押し殺して、という職業だと思っていましたが、この仕事を始めたばかりの頃に先輩にそう言うと、それは全然違うと言われました。今は自分でもそれが分かりつつあります。
形式にもよりますが、通訳は目立つし注目を浴びます(いい意味でも悪い意味でも・・・)。また、感情を殺すのではなく、話者の感情に自分の感情を乗せるという方がしっくり来るかなと思います。
自分の采配次第で両者のコミュニケーションが最高にも最低にもなると考えると、「黒子」なんて今はとても思えません・・・あ、別に土佐犬さんを批判したいわけではありませんので!私も土佐犬さんと同じことを思っていたので、通訳に限らずですが、何の仕事でも経験してみなければ分からないですよね。
ちなみに、私も自分のために自分の考えを英語で話す方がずっと良いですし、それが楽です。誰だってそうじゃないでしょうかね?

2009/02/01 16:34 [ 編集]
土佐犬 MAILURL

*aimee*さん、コメントありがとうございます!

>通訳は目立つし注目を浴びます(いい意味でも悪い意味でも・・・)。
>また、感情を殺すのではなく、話者の感情に自分の感情を乗せるという方が
>しっくり来るかなと思います。自分の采配次第で両者のコミュニケーションが最高にも最低にもなると考えると、「黒子」なんて今はとても思えません・・・

大変勉強になりました。仰るとおり、何の仕事でも経験してみないと本当のことは分かりませんね。

Page up▲

Post a Comment

Private message

Designed by mi104c.
Copyright © 2020 土佐犬の英語学習記, all rights reserved.
Calendar
05 | 2020/06 | 07

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Page up▲