FC2ブログ

英検1級2次試験対策

2015/11/22(Sun) 20:50
英検1級

この記事は2009年2月にアップしたものです。英検1級の2次試験を受験されている方々に読んで頂き、参考にして頂けたら嬉しく思います。また、先程、英検1級対策専門校のテソーラスハウスのホームページを拝見しましたら、校長日誌が更新されていました。校長日誌 『英検1級二次試験発表のあとで』 2015年11月22日現在までに20人の方が今回の英検1級2次試験に合格されたそうです。合格された皆様、おめでとうございます!


英検1級の1次試験に合格された皆さん、合格おめでとうございます!2次試験もこの調子で合格してください。今回は英検1級の2次試験対策について書いてみます。

僕は2次試験は全部で3回受けています。2000年に2回、2005年に1回受けました。初めて受けた2次試験の会場は都内の四谷にある日米会話学院でした。2回目の会場は新潟の新潟大学、3回目の会場は新潟市内の高校でした。僕は初めて2次試験を受けた時のことをとても良く覚えています。受験生は僕と同じ年代の方や年配の方が沢山いらっしゃいましたが、中には中学生や高校生もいたりして、結構圧倒されました。(笑)試験の出来はどうだったかというと、確か2~3点合格点に届かず、不合格A判定をもらった気がします。でも自分が考えていたほど敷居がメチャクチャ高い試験ではなかったことが分かりました。海外経験がない僕でも、きちんと対策すれば合格できそうだ。こんな印象を持ちました。2回目の試験は仕事の忙しさを理由にして無対策で受験し、不合格B判定をもらいました。実はその前に1回受験の機会がありましたが、寝坊して受験できませんでした。その頃は新潟市に住んでいて、試験会場が東京だったので、起きた瞬間アウトでした。(泣)

1回目の2次試験の対策としては、当時1次試験対策でお世話になっていた
ハロー通訳アカデミーの英検1級2次対策クラスを何回か受講しました。内容は試験本番と同じ形式でした。5個のトピックの中から1つのトピックを選び、1分間で準備し、2分間でスピーチをし、最後にQ&Aがあります。これを何回か繰り返しました。試験の流れをあらかじめ理解していたので、本番でも落ち着いて受験することが出来ました。残念ながら、現在、この学校はありません。その後の約4年間は英語学習の空白時代です。転職をきっかけに、英検1級をもう1度目指してみようと思いました。

運良く、2005年6月の1次試験に合格し、3回目の2次試験を受験することになりました。その頃は新潟県の実家に住んでいました。1級の1次試験対策として、
CEL英語ソリューションズの通信講座で学習していました。1次試験の合格を知った僕はCELの2次試験対策クラスを受講しようか考えてみました。しかし、新潟から東京まで通学するのは時間もお金もかかります。2次試験まで2週間しか時間がなかったので、迷っている暇はありませんでした。結果的に独学でチャレンジすることにしたのです。主に使用した教材は下記のものです。

①英検1級の過去問題集
②1次試験対策で書き溜めた数十個のエッセイ
③ストップウォッチ

基本的に2次試験のスピーチは1次試験のエッセイと連動していると僕は考えています。エッセイで自分の主張を論理だてて分かりやすく書く力を見ているとしたら、スピーチでは、自分の主張を論理立てて分かりやすく話す力を見ていると思います。

スピーチの構成としては一番最初にトピックに対する自分の答えをYesかNoで答えます。その後、その理由を2つ述べます。理由+その裏づけとなる数字や具体例→理由+その裏づけとなる数字や具体例といった感じです。そして最後に、自分の主張を締めくくります。1級のスピーチを日本語でやろうと思っても、結構難しいと思います。トピックに対して知識がなければ終わりです。このような理由もあって、ある程度の数のスピーチを作り、暗記していく受験生もいる訳です。

僕はどのように対策をしたのか?英検1級の過去問題集から、過去に1次試験で出題されたエッセイのトピックと2次試験で出題されたトピックをノートに書き出しました。それらのトピックを経済・社会・科学・教育・環境・医学といったカテゴリーに分類しました次にカテゴリーの中で似ているものを探しました。2つの似ているトピックがあったら、両方をカバーするスピーチを書けないか考えました。そして、僕もある程度のスピーチ(40本位)を作りました。僕は狭い内容のスピーチを作るのではなく、いくつかの分野で応用できるスピーチを作るように心がけました。こうすることによって、準備したスピーチが使えないという状況を防ぐためです。このエッセイ対策で書き溜めた文章は何回も推敲していたので、書き直す内に概略は覚えてしまいました。こうやってスピーチの中身をおさえたら、後はアウトプットの練習です。トピックの選択、トピックに対する自分の答え→理由+その裏づけとなる数字や具体例→理由+その裏づけとなる数字や具体例→結論の締めくくりを1分で考えます。1分の早い段階でトピックを選びましょう。話す内容は日本語で考えると楽です。ストップウォッチを使って何回も練習してみましょう。また、2分という長さで話す練習をすることも大切です。何回も繰り返すと、2分という感覚が分かるようになってきます。

本番でスピーチがうまくいかなかった、あるいはスピーチが最後まで終わらなかったという場合があると思います。それでも、絶対に諦めないでください。Q&Aで挽回すればいいんです。Q&Aを含めたインタビュー全体で自分の考えを理由付けて話し、理解してもらえればいいと思います。>あと、Q&Aで時々、自分が話した内容と全然関係がないことを突然質問される時があります。そんな時も慌てず、焦らずに、しっかりと受け答えをしましょう。また、スピーチの前の自由会話で試験管と好意的な雰囲気を作ることができれば良いと思います。

このような感じで僕は対策し、73点で合格しました。


下記に2次試験対策の参考になりそうなサイトを紹介させて頂きます。

目指せ英検1級! 二次スピーチ対策

テソーラスハウス 

皆様の合格をお祈りしています。Good Luck!!!

少しでも参考になりましたら、クリックをお願いします。

いつもブログに訪問してくださり、ありがとうございます。少しでもお役に立ちましたら、下のバナーを3つクリックして戴けると、嬉しいです。宜しくお願い致します。

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ     

trackBack(0) | Comments(10)

Page up▲

Post a Comment

comments

2009/02/08 22:05 [ 編集]
渥美クライマックス MAILURL

毎度のことながら非常に参考になりました。この貴重な情報を大いに活用させていただきます。

2009/02/08 23:35 [ 編集]
土佐犬 MAILURL

渥美クライマックスさん、こんばんは!コメントありがとうございます。そういって頂けて大変嬉しいです。ご検討をお祈りしています。

2009/02/12 11:20 [ 編集]
Azurite MAILURL

Selamat Siang!土佐犬さん

毎度、詳しいアドバイス記事、ありがとうございます。今回も色々と参考になりました。
特に、「いくつかの分野で応用できるスピーチを作るように心がける」「そうすることによって、準備したスピーチが使えないという状況を防ぐ」という点、大変重要ですね。この視点の有無が、インプット下準備段階の作業効率を大きく分けると感じました。

し、しかし。当方、まだそのフェーズには遠く及ばず。既に日本語スピーチ練習の段階で壁にぶちあたっております(泣)。私の悪癖(話が冗長的になりがち)をまず改善しなければなりません。でないと、2分間でスピーチを要領よくまとめるのは至難の業であることが、ようやくわかってきました。

このプロセスこそ、成長の為に必要な時間、と捉えつつ、がんばります。
しかしこのペースだと、試験前までにアウトプット練習(英語)までたどり着けるのか、甚だ不安です・・・(笑)。

では、また♪ Terima kasih. (^o^)/

2009/02/14 22:19 [ 編集]
土佐犬 MAILURL

Azuriteさん、こんばんは。コメントありがとうございます。特定のスピーチを作る場合は沢山作る必要がありますが、外れたらアウトです。そのため、いくつかの似ているトピックをカバーできるスピーチを作ろうと考えました。実は僕は日本語のスピーチを考えた後に英語のスピーチを考えるというプロセスを通っていません。初めから英語のスピーチを作りました。この辺は大学時代にESSでやった即興スピーチが役に立っているのかもしれません。話をコンパクトにまとめる練習は良いですよね。応援しています。頑張ってください。

2010/06/21 20:37 [ 編集]
ひろ@バリューイングリッシュ MAILURL

こんばんは&久しぶりにコメントさせていただきます。

私も英検1級2次試験対策虎の巻を書いてみたので、
ぜひご意見いただきたく。

お忙しい事と思いますが、よろしければぜひコメント下さい
自分としてはかなり頑張ったつもりです

ページURL】
http://valueenglish.com/eiken_1st.php#tora

どのような些細な事でもかまいませんのでよろしくお願いします

2010/06/21 21:59 [ 編集]
土佐犬 MAILURL

ひろさん、こんばんは!英検1級2次試験の虎の巻とは凄いですね!かなり手が込んでいますね。後程、ゆっくりと読ませて頂きますね。

2010/10/22 23:40 [ 編集]
- MAILURL

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010/10/25 19:54 [ 編集]
土佐犬太郎 MAILURL

Hさん、こんばんは。返信が遅くなり申し訳ありません。僕は書店へ足を運んで買った本が素晴らしかった時や自分で通おうと決めて、実際に通ってみて素晴らしいと感じた時にしか宣伝はしません。今回はお役には立てません。申し訳ありません。将来、体験させて頂く機会があり、素晴らしいと感じた時には宣伝させて頂くかもしれません。

2012/08/18 00:14 [ 編集]
Sukara Abe MAILURL

2次試験のスピーチが一次試験のエッセイと連動しているという考えに共感しました。やはり、2次試験のスピーチでよい点を取るには、一次のエッセーで頑張る事、あと、様々なトピックに興味・関心を持ち、日頃から考える、話す事だと感じました。                  

2012/12/19 21:43 [ 編集]
土佐犬太郎 MAILURL

Sukara Abeさん、こんばんは!コメントありがとうございます。2次試験のスピーチが1次試験のエッセイと連動しているという考え方は今も変わっていません。様々なトピックに興味を持ち、自分の意見を書いたり話したりすることが大切だと思います。        

Page up▲

Post a Comment

Private message

Designed by mi104c.
Copyright © 2020 土佐犬の英語学習記, all rights reserved.
Calendar
05 | 2020/06 | 07

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Page up▲