スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

次のステージに進むべきなのか?

何故、僕は英語を勉強しているのだろう?それは英語が好きだから。英語をうまく使いこなせるようになりたいから。TOEICで曲がりなりにも990点が取れて、それでもなおTOEICにこだわる理由は何か?現在の学習を続けたら、今以上に高度な英語力は身に付くのか?TOEIC直前なのに、また色々と考えてしまいます。

TOEICは英語力全体を測定する試験ではありません。ある限られた範囲の英語力を測るテストだと思います。その限定された範囲のテストで満点をとることに何の意味があるのか。僕は先生方のようにTOEICを教えている訳ではありませんし、TOEICを飯の種にしているわけでもありません。純粋に英語力を伸ばすために、進むべき道が他にあるのではないか。

例えば、CNNやBBCや映画をしっかり理解できる。TIMEやECONOMISTといった雑誌をしっかり読むことができる。ある程度の運用語彙を用いて英語を書くことができる。話すことができる。こういう道をやはり進むべきではないのか。自分の実力よりも遥かに高いレベルの資格取得を目指しながら英語力を付けていくのがベストではないのか。

TOEIC990点を取ることは難しいです。コンスタントに満点を取ることは不可能です。でも仮にコンスタントに取れたとしても、英語を自由に使いこなすことができるのでしょうか?問題を個々に見れば英検1級や国連英検特A級の比ではないほどTOEICの問題は易しいです。そのレベルにずっと甘んじていて良いのか?色々と考えてしまいます。

この問題は今の僕にはそう簡単に解決できそうにないです。両方の勉強をやり続けて判断するしかないように思います。

どちらに転んでも英語の勉強を続けていくことには変わりありません。

少しでも参考になりましたら嬉しいです。クリックをして頂けるとモチベーションが更に高くなります。お時間がある時にクリックをお願い致します。人気ブログランキングも応援して頂けると嬉しいです。


人気ブログランキングへ
英語学習ランキングへ
2009-05-26 : 独り言 : コメント : 4 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

土佐犬さん、こんにちは。
結構長く悩まれているテーマのようなので、私なりのコメントを残させていただきます。

>問題を個々に見れば英検1級や国連英検特A級の比ではないほどTOEICの問題は易しいです。そのレベルにずっと甘んじていて良いのか?
これは私も同感で、私自身がTOEIC教材を作成する仕事を辞めた大きな理由も「TOEICの英語ばかり扱っていては自分の英語力を伸ばしていくことはできない」「もっと上のレベルの英語を習得していきたい」というあせりからでした。上級者にとってのTOEICの間違いは英語の知識がなくて間違えたというよりも「しわ(4×8)35」と言ってしまうようなケアレスミスが原因であることが多いですよね。ただスコア990は揺ぎない基礎力が身についていることの証明であるという意味で僕は評価していますし、それはそれですごいことだと思います。

>ある限られた範囲の英語力を測るテスト
TOEICを離れた私がなぜ今でも受験しているのかと言えば、この範囲を明示したいという分析癖からです。そういうことに取り組んでいる人があまりいないと思ったので。もちろん、TOEICはテストとしてよくできていると思っていることや、自分が使う英語としては今だに目標であるということもあります。

土佐犬さんのような方にとっては、国連英検の勉強をあきらめてTOEICに特化するのは選択肢としてはありえないと思うので、現実には下記の2つの選択肢になるのでしょうか。

?TOEICはきっぱりあきらめて、国連英検などの勉強にしぼる。
?TOEICと国連英検などの勉強を平行して行う。

TOEICの勉強を一切せずにTOEICを受験してみると、普段の学習にも緊張感が出ていいかもしれませんし、リスニングに苦手意識があれば、海外ドラマを英語学習に取り入れれば効果がありそうですよね。いろいろと学習のバリエーションはありそうですので、金銭的に余裕があるのであれば、どちらかではなく、どれでもよい所を取り入れていけばよいのかなと思います。(わざわざ書く価値もない常識的意見ですみません。。。)

通訳・翻訳学校はあくまで、通訳技術、翻訳技術を学ぶところで英語力を高めることが中心ではありませんので、資格検定の勉強に関わらず英語の上級者がさらにブラッシュアップできる集まりみたいなものがあるといいですね。なんら回答らしいものを提示できずに長々と書いてしまい恐縮ですが、土佐犬さんの悩みがよいかたちで実を結ぶとこを願っております。
2009-05-27 12:23 : Yuta URL : 編集
パラダイム転換はいかがでしょうか?
資格試験に向けて勉強するのも一つの手だと思いますが、資格試験で自分の英語力の確認を行うということこも有りだと思います。

私も土佐犬さんと同じような考えです。TOEICの問題は、決して難しく有りません。私も英語の専門家ではありませんので、TOEICを受験する意味合いとしては、確認テスト程度です。満点取れればそれはそれでいいのですが、確認テストで間違った箇所を訂正し、自分の知識を訂正していくのも一つの利用方法だと考えています。

国連英検も受験していますが、特化した対策は決して行ってませんよ。極力生の英語の触れ、その結果として受かるレベルにあるか確認するため受験するようにしています。
2009-05-27 20:13 : QP URL : 編集
Yutaさん
Yutaさん、長文のメッセージありがとうございます。非常にありがたいです。Yutaさんのメッセージを拝見して、ある一文が心に響きました。「TOEICの英語が自分が使う英語の目標」という部分です。英検1級や国連英検特A級とTOEICの違いの一つに単語の難しさがあります。でも実際に自分が使う英語にそのような単語を使うかといえば、まず使いません。僕は今まで認識語彙の方にばかり目がいっていました。でも大切なのは運用語彙ではないのか。運用語彙を高めるため、またTOEICレベルの英語を自分が使いこなせるようになるために、このままTOEIC学習を続けてもいいかなと思えてきました。それに自分が立てた目標をまだ達成していないので、後ろ髪を引かれるのも事実です。これからも、よろしくお願い致します。
2009-05-27 22:15 : 土佐犬 URL : 編集
QPさん
QPさん、こんばんは!アドバイスありがとうございます!確かにそういう考え方もありますね。といいますか、QPさんの考え方が普通だと思います。僕ははまりやすい性格なので、一つのことにはまったら徹底的にやらないと気が済まないのです。(苦笑)Yutaさんへのコメントに書きましたが、TOEICレベルの英語を使いこなせるようになるために、TOEICの学習を継続します。QPさん、これからもよろしくお願い致します。
2009-05-27 22:24 : 土佐犬 URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

土佐犬太郎

Author:土佐犬太郎
名前:土佐犬
会社員。長野県在住。楽しみながら英語を勉強しています。

英語資格:英検1級、TOEIC990、国連英検特A級 合格4回(2010年度第2回、2012年度第1回、2013年度第2回、2015年度第1回)

国連英検特A級
2009-1 1次:57/54 2次:6/8
2009-2 1次:57/57 2次:3/8
2010-1 1次: -/56 2次:6/8
2010-2 1次: -/60 2次:9/8 ◎合格
2011-1 1次:68/63 2次:5/8
2011-2 1次:55/58 2次:7/8
2012-1 1次:62/68 2次:8/8 ◎合格
2013-1 1次:70/69 2次:7/8
2013-2 1次: -/65 2次:8/8 ◎合格
2014-1 1次:71/72 2次:-
2014-2 1次:69/65 2次:-
2015-1 1次:75/72 2次:8/8 ◎合格
2016-1 1次:71/68 2次:

フリーエリア

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング

日本ブログ村ランキング

にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ ブログランキング・にほんブログ村へ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。