FC2ブログ

英文解釈

2009/08/16(Sun) 11:59
独り言

現在は英文を読む時は、いちいち文の構造を気にしながら読むことはありません。毎週、週刊誌の「TIME」を買って読んでいますが、一読してスッキリと意味が取れない時だけ、文の構造を細かく見るようにしています。そうすれば、それほど時間はかかりません。よく分からなかったら、一旦飛ばすという話を耳にします。僕は必ず止まって考えるようにしています。文の構造を細かく見ても解決しない時だけ、あとで調べるという前提で飛ばします。分からないところを全て飛ばしていたら、それらはいつになっても理解できません。自分で調べて解決できるものは解決しておくのが得策でしょう。

TEX加藤さんのブログの記事に「英語構文詳解」(伊藤和夫著)が出ていました。懐かしいですね。実は僕も伊藤和夫先生の著書には大変お世話になりました。「ビジュアル英文解釈Part1・Part2」と「英文解釈教室」は例題と練習問題を全て自分で和訳して、添削しました。分からないところは放課後に英語の先生に質問しに行きました。

数年前に通訳案内士の1次試験対策(英語)でハロー通訳アカデミーにお世話になった時も、1次試験の英文は構造を細かく分析して和訳するようにしていました。「なんとなく分かるは分からないのと一緒」です。全てクリアーに分かるようにしないとダメです。

このように、僕は単語、構文、英文法の知識をフル稼働させて、正確に英文を読む学習をみっちりとやってきています。それが実際に英語を使う時や英検・TOEICを受ける時に間違いなく役に立っています。

ランクアップが大変励みになっています。少しでも参考になりましたら、応援クリックをお願いします。お時間がある時で結構ですので、人気ブログランキングの応援もよろしくお願いします!


人気ブログランキングへ
英語学習ランキングへ

trackBack(0) | Comments(2)

Page up▲

Post a Comment

comments

2009/08/16 13:05 [ 編集]
Tonta MAILURL

こんにちは。いつも楽しくブログを拝見して頂いています。
私も土佐犬さんの意見に賛成です。多読(速読)も重要ですが、精読も重要ですね。わからない英文に出くわすと、しっかり文の構造を考えることは重要なことだと思います。多読の利点は「とにかく多く読むこと」で英文を慣れるためには良いですが、多く読むことに重点をおくがゆえに、わからないところは飛ばしてばかりいると、その癖がついてしまいます。そして理解した感覚はあるもののそれは単なる感覚であって、結局正確に理解できていないということがあります。
英文の内容をenjoyするだけなら多読だけでもいいですが、テストで自信をもって問題を解くには精読も重要であると思います。

2009/08/17 22:41 [ 編集]
土佐犬 MAILURL

Tontaさん、こんばんは。ブログをご訪問頂きありがとうございます。速読と精読をバランス良く行うことが大切ですよね。ある記事を速読した後に精読して、また速読する。次に音読する。気に入ったフレーズがあったら覚えておいて、自分で実際に英語を書く時に使ってみる。この一連の流れを繰り返すと、英語力がアップすると思います。

Page up▲

Post a Comment

Private message

Designed by mi104c.
Copyright © 2020 土佐犬の英語学習記, all rights reserved.
Calendar
05 | 2020/06 | 07

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Page up▲