スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

外見よりも中身が大切

現在、普通電車で長野へ向かっています。今は黒姫に停車中です。

TEX加藤さんのブログの最新記事「Memorable Moments」を読みました。すると大切なことを思い出しました。

仕事で英語を使う時は「外見よりも中身」が大切です。日本語もそうですよね。ミーティングで言い回しがちょっとおかしい人と質問に対して意味不明なことを言う人。どちらが気になるか?発音が綺麗で構文・文法は完璧。でも中身が乏しかったり、明らかに知識が不足していたり、質問の意図と異なった回答をしたりするとまずいですよね。メールもそうです。英語の表現にこだわって、肝心の中身に問題があったりするとまずいです。

海外とTV会議をしていて思うのが英語がやや荒削りでも、仕事内容を完全に把握していれば、会議は十分実りのあるものになります。例え流暢な英語でなくても、要所をきちんと押えていれば問題ありません。むしろ仕事では誤解を生まないように、シンプルで分かりやすい英語を使うように心がけています。

そうは言っても、色々な話し方が出来るようになればいいのかなと思います。あと、質問に対して正しい回答をすることも大切ですよね。案外、日本語でもできていない時があります。


ランクアップが大変励みになっています。少しでも参考になりましたら、応援クリックをお願いします。お時間がある時で結構ですので、人気ブログランキングの応援もよろしくお願いします!


人気ブログランキングへ
英語学習ランキングへ
2009-09-23 : 独り言 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

それよくわかります。今やメール社会になってますので、ビジネス上たくさんのメールが入ってくる以上端的にいいたいことを表現できないとまずいですね。前職時代は、そのためにいろんな社内用語が飛び交ってましたよ。

2009-09-23 15:52 : QP URL : 編集
QPさん
QPさん、こんにちは。僕が普段やり取りしているメールも社内用語が沢山出てきます。また装置の構造や機能を理解していないと全く意味が分からない場合もあります。結局、英語は仕事+αなんですよね。内容をよく理解していなければ、日本語でも英語でもしっかりとしたメールは書けませんからね。
2009-09-23 16:42 : 土佐犬 URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

土佐犬太郎

Author:土佐犬太郎
名前:土佐犬
会社員。長野県在住。楽しみながら英語を勉強しています。

英語資格:英検1級、TOEIC990、国連英検特A級 合格4回(2010年度第2回、2012年度第1回、2013年度第2回、2015年度第1回)

国連英検特A級
2009-1 1次:57/54 2次:6/8
2009-2 1次:57/57 2次:3/8
2010-1 1次: -/56 2次:6/8
2010-2 1次: -/60 2次:9/8 ◎合格
2011-1 1次:68/63 2次:5/8
2011-2 1次:55/58 2次:7/8
2012-1 1次:62/68 2次:8/8 ◎合格
2013-1 1次:70/69 2次:7/8
2013-2 1次: -/65 2次:8/8 ◎合格
2014-1 1次:71/72 2次:-
2014-2 1次:69/65 2次:-
2015-1 1次:75/72 2次:8/8 ◎合格
2016-1 1次:71/68 2次:

フリーエリア

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング

日本ブログ村ランキング

にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ ブログランキング・にほんブログ村へ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。