実例が大切

国連英検特A級対策として通っている英語学校ですが、得るものが非常に沢山あります。多角的な質問に対して照準を合わせて答えたり、発音・文法・コロケーション・背景知識のアドバイスを頂いています。3回のレッスンが終了して僕が特に弱いなと感じる部分があります。それは例示です。抽象的な概念を説明するだけでなく、具体例を示すことで相手に自分の意見を分かりやすく伝えることができます。例えば、常任理事国が持つ拒否権とはどういうものですか?この次に来る質問が問題です。今までに拒否権を行使した事例を教えてください。国際司法裁判所の役割は何ですか?過去に裁かれた事例を説明して下さい。こういう一歩突っ込んだ質問で化けの皮が剥がれると思います。特A級の面接時間は15分です。表面的な知識だけでは太刀打ちできません。かと言って、英検1級のようにスピーチをその場でやることはありません。話題によっては自分の得意分野に話を進めることができます。ですから、いくつかかなり深い話ができるトピックを用意しておこうと思います。そのトピックに関してはどんな質問がされても答えられるようにしておきたいです。勿論、普通のコミュニケーション力も大切です。知識とコミュニケーション力を同時に磨いていきます。

いつも暖かい応援ありがとうございます。皆様の応援やコメントにいつも励まされています。少しでも参考になりましたら、下のバナーを2つクリックして戴けると、より一層の励みになります。

人気ブログランキングへ
英語学習ランキングへ

2010-03-08 : 国連英検特A級 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

土佐犬太郎

Author:土佐犬太郎
名前:土佐犬
会社員。長野県在住。楽しみながら英語を勉強しています。

英語資格:英検1級、TOEIC990、国連英検特A級 合格4回(2010年度第2回、2012年度第1回、2013年度第2回、2015年度第1回)

国連英検特A級
2009-1 1次:57/54 2次:6/8
2009-2 1次:57/57 2次:3/8
2010-1 1次: -/56 2次:6/8
2010-2 1次: -/60 2次:9/8 ◎合格
2011-1 1次:68/63 2次:5/8
2011-2 1次:55/58 2次:7/8
2012-1 1次:62/68 2次:8/8 ◎合格
2013-1 1次:70/69 2次:7/8
2013-2 1次: -/65 2次:8/8 ◎合格
2014-1 1次:71/72 2次:-
2014-2 1次:69/65 2次:-
2015-1 1次:75/72 2次:8/8 ◎合格
2016-1 1次:71/68 2次:

フリーエリア

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング

日本ブログ村ランキング

にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ ブログランキング・にほんブログ村へ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索