FC2ブログ

英語学校

2010/03/28(Sun) 15:38
国連英検特A級

昨日は月に2回通っている英語学校に行ってきました。今回の先生は新しい先生でした。昨日のトピックは「発展途上国に対する援助の是非」でした。Foreign Affairsの記事を使ってQ&Aをして頂いたのですが、鋭い質問ばかりで即答できず、冷や汗が出ました。常日頃から色々と自分の頭を使って考えなければいけませんね。

記事のトピックは「Why International Assistance Does Not Alleviate Poverty?」です。内容をまとめると、他国の援助に頼るだけでは貧困から抜け出すことはできない。大切なことは政策である。中国やインドの成長は援助によるものではなく、政策を改善し機能したからである。

Foreign Affairsの記事は平均してA4サイズで10ページ以上あり、少々長すぎるので、次回からはECONOMISTの記事を使う予定です。Foreign Affairsは読む価値がある雑誌なので、継続して読んでいきます。次回はイスラエルとパレスチナの記事。

昨日頂いたアドバイスは下記のものです。

・質問に対する回答がクリアーでない。はっきりと答えましょう。そのための学習として、記事を読んだらキーワードを拾い上げて、短くて良いので記事の要旨を考える練習をすること。
・知らない単語は調べて、自分で例文を作って覚えること。
・発音を良くするためにはシャドーイングと単語ごとに発音の練習をすること。
・質問されて、すぐに答えていない。発話のスピードを上げること。
・ネイティブと話し慣れていない印象を受ける。
・質問がされた背景を読み取り、試験官が期待している回答をすること。

要するに質問されたら、試験官の質問の意図を読み取り、即座にある程度のスピードで的を外すことなく回答することが大切だと思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
授業が終わって、最近の英検1級受験者の傾向について学校の経営者の方から伺いました。最近、授業を受けに来る方は1級に合格しないと仕事柄困る方(切羽詰まっている方)や自分の価値を高めて転職やMBA留学を狙っている方が多いそうです。毎週、遠方から通っている方が多いようです。英語試験の面接対策の学校としては日本一だと僕は思っています。こっそりと紹介しておきますね。ここです。1級のエッセイ対策もやっているようなので、興味のある方は通ってみるのも良いと思います。ただ、学校がいくら素晴らしくても、自分で努力しないといけないのは当然ですが。

その後、新宿サザンテラスの紀伊国屋書店に行きました。そこで巨匠と偶然お会いしました。誰かといつか会うんじゃないかと思っていましたが、まさか巨匠とは。バスの時間が迫っていたので、ご挨拶して別れました。

いつも暖かい応援ありがとうございます。皆様の応援やコメントにいつも励まされています。少しでも参考になりましたら、下のバナーを3つクリックして戴けると、より一層の励みになります。

人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村






trackBack(0) | Comments(0)

Page up▲

Post a Comment

Private message

Designed by mi104c.
Copyright © 2020 土佐犬の英語学習記, all rights reserved.
Calendar
05 | 2020/06 | 07

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Page up▲