FC2ブログ

国連英検特A級2次試験受験してきました

2011/01/10(Mon) 14:52
国連英検特A級

報告が遅くなりました。昨日、国連英検特A級の2次試験を無事に受験してきました。午後1:30集合だったのですが、前日はいつもお世話になっているテソーラスハウスでレッスンを受けた後、池袋のホテルに前泊して勉強していました。昨日はホテルを10:00にチェックアウトして池袋駅前の喫茶店で勉強して、巣鴨の試験会場に向かいました。12時15分頃に会場に着いてしまいました。早過ぎたので会場の周りを大きなバッグを運びながら、ブツブツ英語で話しながら歩いていました。

受付を12時45分位に済ませ、待機室に行くと既に特A・A級合わせて15人位の方がいらっしゃいました。ネイティブの方もいらっしゃいました。1時15分になり、面接の第1グループが呼ばれました。僕もこのグループでした。ちなみに順番は受付順です。特A級は2階、A級は3階で試験が行われていました。僕の教室は階段を上がった、トイレの前の部屋でした。

面接官は日本人・ネイティブ共に男性の方でした。荷物を脇に置いて、面接シートを渡し、椅子に着席しました。面接官の方々は面接シートをじっくり見て、質問が始まりました。下記が質問された内容です。

1. 愛読書について詳しく教えてください。ユニクロのバングラディッシュでの事業についてどう思うか。
2. 訪れたい場所(IndoneshiaのAche)の理由を教えてください。Acheは本当は独立を望んでいたと思うか。天然ガスなどの資源が枯渇してきているが、独立する意味はあると思うか。
3. イスラエル・パレスチナ問題についてどう思うか。ファタハがパレスチナの第1党に戻るにはどうすべきか。イスラエル・パレスチナ問題の解決はいつまで待つべきか。
4. 国連のPKOについて知っていることを教えてください。Ivory Coastの問題は知っているか。どのように解決すべきか。
5. 訪れたい場所(Palestineのthe Gaza)の理由を教えてください。

今回、初めて自己紹介がない面接でした。日本の常任理事国入りについても質問されませんでした。日本の常任理事国入りに関して準備していただけに残念でしたが、まあ試験とはそういうものです。

手応えとしては、イスラエル・パレスチナ問題の解決策で沈黙してしまったので、合格は厳しいと思います。試験官が助け舟を出して下さって回答はしましたが。今は2月2日の結果を待ちたいと思います。

それにしても、今回も難しかったですが、試験官の方々と大変有意義な時間を過ごすことが出来ました。自分としては、基本的な英会話能力をもっともっと磨く必要があると思いました。昨日、2次試験を受験された皆様、大変お疲れ様でした。

(1月25日追記)

コメントの返信が遅れていて申し訳ありません。戴いたコメントをガッシリ受け止めて、しっかり返信したいので、少し遅れます。申し訳ありません。また、記事を更新できなくてすみません。ちょっと思いもよらぬ事情があり、まだ新しい記事を書いていません。国連英検特A級の2次試験で燃え尽きた?とお思いの方がいらっしゃるかもしれませんが、そのようなことはありません。2次試験が終わってからも、時間をみつけてはThe ECONOMISTやTIMEを読んだり、BBCを聴いています。近いうちに記事を更新したいと思います。寒いですが、風邪など引かぬようにご自愛ください。


いつも暖かい応援ありがとうございます。皆様の応援やコメントにいつも励まされています。少しでも参考になりましたら、下のバナーを3つクリックして戴けると、より一層の励みになります。宜しくお願い致します。

人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村


trackBack(0) | Comments(24)

Page up▲

Post a Comment

comments

2011/01/10 15:56 [ 編集]
だじゃれ MAILURL

  私は当日移動で、新幹線の中では少し勉強していましたが、睡魔に襲われ、予想通り眠ってしまいました(笑い)。少し早いかなと思ったのですが、13時前に受付を済ませました。私は、第2グループでした。SA028のカードでしたから、午前中からの連番でしょうね。
  私もトイレの前の部屋でしたから、間違いなく土佐犬さんの後です。今までは、ネイティブ2人と日本人の合計3人でしたが、部屋に入って、2人だったので、「おや」と思いました。経費削減でしょうか。

  私の時も、自己紹介はありませんでした。
質問されたのは、順不同になりますが、以下のようなことでした。

 1.好きな作家について教えてください。
 2.今関心のある国際情勢・問題は何ですか。
 3.世界で展開されているPKOをひとつ挙げてください。
 4.Ivory Coastの情勢について知っていますか。どのように解決   すべきか。そのことで国連の果たすべき役割は?
 5.日本のTTPへの参加の是非についてどう思いますか。
 6.訪問したい国について、その理由を述べてください。
 7.発展途上国の子どもたちと面接シートに書いてありますが、   具体的にどういうことですか。

1、6、7は面接シートに書いたものです。
2については「北朝鮮」と答えてしまってから、「地球温暖化」にしておけばよかったと思いましたが、後の祭。
5については、日本人の面接官の人の突っ込みが厳しかったですね。日本語でやりとりしても言葉に窮するのではないかと思いました。

スムーズにいった箇所と言葉に詰まった箇所があり、安定していませんでした。あわてて答えようとして、時制など正確さを欠くことが度々ありました。日本人の面接官の方のfollow-up questionが厳しかったです。もう少しスムーズにやり取りできたら、楽しめたと思いますが、15分間なんとか凌いだという感じです。

 私も土佐犬さん同様、基本的な英会話力を高めないといけないとつくづく感じました。後はこうした面接内容に適したレベルの語彙、言い回しがスムーズに出てこないと結果がついてこないと思います。

 どの程度だったら8点だとか5点だとか  評価項目の採点の細かい基準についてはオープンされているものはありませんね。以前自分の感覚としてはよかったのに前よりも評価が悪かったということもありました。何れも力不足であったことは自分でもわかっていますが・・・。

  今年のテーマはアウトプットと語彙力のアップ。英語の目標は国連英検特A級とTOEIC満点です。気持ちを切り換えて、前に進みます。

2011/01/10 16:10 [ 編集]
∞自由人∞ MAILURL

土佐犬さんお疲れ様でした。私はだじゃれさんと同じく第二グループでした。土佐犬さんに、会場で声をかければよかったです...。私も、自己紹介はありませんでした。私も、ファタハについて聞かれると答えことができなかったと思います。

私は、出来は微妙ですが、自分の考えを述べることができましたので、気持ちよく関西に帰ることができます。

お互い合格していればいいですね。

2011/01/10 16:50 [ 編集]
cosa MAILURL

東京まで試験おつかれさまでした。土佐犬さんにされた質問はどれも難しいですね。私がその面接委員の部屋だったら沈黙ばかりになっていたことでしょう。これだけの難度の高い会話にもかかわらず、有意義な時間を過ごせたと言えるなんて清々しいですね。土佐犬さんの合格をお祈りしております。

2011/01/10 21:04 [ 編集]
土佐犬 MAILURL

だじゃれさん、こんばんは!僕はSA027のカードでした。僕の後だったんですね。こんなことがあるんですね。(笑)僕の拙い英語を聞かれたと思います。恥ずかしい。(笑)

特A級の面接官は通常、日本人1人、ネイティブ1人の計2人です。おそらく3人目の方は統括監督官の方だと思われます。以下、国連英検公式ガイドブック特A級・A級P111からの引用です。『東京試験会場など受験者の多い会場においては、上記の人数の面接官以外に面接官の指導研修担当責任者である統括監督官が面接に立ち会うことがありますが、統括監督官が受験者に直接質問をすることはありません。』

TTPについて質問されたら、僕は答えられませんでした。今でも良く分かりません。あとで調べてみます。だじゃれさんが仰る通り、日本人の面接官の方の質問がきつかったです。今はお互いに良い結果であることを祈りましょう。今年はまだ始まったばかりです。国連英検特A級とTOEIC満点を達成できることを祈っております。僕も気持ちを切り替えて、国連英検特A級の1次試験に向けて、また学習を始めます。

2011/01/10 21:10 [ 編集]
土佐犬 MAILURL

∞自由人∞さん、こんばんは!背中に「土佐犬です!」という小さなシールでも貼っておけば良かったかも。(笑)ご自分の意見をしっかり述べることが出来たのであれば、悔いはありませんよね。お互いに合格していれば良いですね。

2011/01/10 21:22 [ 編集]
土佐犬 MAILURL

cosaさん、こんばんは!昨日は2次試験受験お疲れ様でした。国連英検特A級の面接では、面接官が面接シートに基づいて質問してくれる場合であれば、ある程度は準備して対応できると思います。難しい質問をされたのは、面接シートに書いた内容と本番で話した内容から、そういう話の流れになってしまったからだと思います。ある意味、自分の責任です。特A級の2次試験と英会話学校以外に、このような話をするチャンスはないので、私にとっては非常に有意義な時間でした。僕もcosaさんの合格をお祈りしています。

2011/01/10 21:31 [ 編集]
Yuki MAILURL

東京まで特A級の面接試験、お疲れ様です。
合格されるといいですね。

2011/01/11 08:18 [ 編集]
渥美クライマックス MAILURL

土佐犬さん、東京での試験、お疲れさまでした。

国連英検という、私などからすると知識的にも・英語的にも想像のつかない試験に、楽しみながらチャレンジしておられる姿に刺激をいただいています。土佐犬さんの日々の努力が土佐犬さんの血となり肉となっている様子が伝わってきます。

2011年、私も頑張りたいと思います!

2011/01/11 15:39 [ 編集]
ご参考まで MAILURL

Palestineのthe Gaza、ほんとーに行きたいと思ってますか(実際のところPress以外はまともには行けないのでは???) 私なら、自然がすきなので、アラスカにいきたいと答えます。ついでに環境破壊で生魚が食べられなくなったinuitがマクドナルドハンバーガーばっかり食べて肥満と糖尿病に悩まされているのも見てみようと思うぐらいにしておきますね。

2011/01/12 15:30 [ 編集]
ながま MAILURL

土佐犬さん、読んでいるだけで、こちらまでどきどきしてきそうです!(11月の二次のプチフラッシュバック・・・)幅広い知識とそれを表現する英語能力が問われる試験のようですね。 

結果はさておき、この試験の土俵に上がるまでの過程で、たくさん学ばれさらに視野が広くなり、きっと数年前のご自分よりも高みにいらっしゃるのではないでしょうか。

試験の後、英語なんて見たくもな~い!と思ってもいても、しばらくしたらまたテキストを開いているのが、語学学習者の「さが」のような気がします。とにかくお疲れ様でした~~~~。 

2011/01/15 21:38 [ 編集]
りょう MAILURL

はじめまして!いつも拝見させて頂いています^^
僕もTOEICだけではモノ足らず、更に学習を続けようと考えています。
こちらのBLOGから刺激を受けて、やる気に変えてます^^

2011/01/18 21:49 [ 編集]
土佐犬 MAILURL

Yukiさん、こんばんは!コメントありがとうございます。都内であれば、特急で2時間半もあれば着くので遠くには感じません。合格していれば嬉しいですね。

2011/01/18 21:57 [ 編集]
土佐犬 MAILURL

渥美さん、こんばんは!渥美さんは特A級にすんなり合格されるだけの英語力・知識が備わっていらっしゃるように感じます。(笑)おっしゃる通り、勉強していて、ためになりますし、メチャクチャ面白いです。日々努力した結果、それが自分の血となり肉となれば最高です。長い目で見れば、試験に合格するよりも、そちらの方が大切なのかもしれません。2011年が渥美さんにとって、素晴らしい1年になりますようにお祈りしています。

2011/01/18 22:03 [ 編集]
土佐犬 MAILURL

ご参考になればさん、新年明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。いつもアドバイスありがとうございます。the Gazaにはいつか行きたいと思っています。イェルサレムにも行きたいです。アラスカですか。僕は鮭が好きなので、アラスカも良さそうですね。(笑)

2011/01/18 22:12 [ 編集]
土佐犬 MAILURL

ながまさん、こんばんは!国連英検A級と特A級はおっしゃる通り、幅広い知識や意見、それらを表現する英語力が問われます。英語力も多少は伸びているとは思いますが、視野に関しては格段に広がりました。2次試験が終わった日の帰りの特急の中では、早速その週のEconomistの記事を読んでいました。英語なんて見たくもない!ということはありませんね。もはや英語は生活の一部ですから。(笑)仕切り直して、英語学習を楽しみます。

2011/01/18 22:15 [ 編集]
土佐犬 MAILURL

りょうさん、初めまして。ブログを訪問して頂き、ありがとうございます。僕のブログがりょうさんのお役に立てれば嬉しいです。^ ^これからも宜しくお願い致します。

2011/01/19 09:57 [ 編集]
ご参考まで MAILURL

昨日のBBC Hard Talkでの話。 パレスチナは今年の9月に独立宣言するそうです。Unilateral declarationといっていたのでイスラエルを無視した宣言のようですね。完全にdesperateな状態といえますね。イスラエルは居住者の保護を名目(第二次大戦はこの名目がよく使われましたね)にパレスチナに大々的に侵攻するでしょうし、反発するアラブ連盟、特にイランの動きが重大、を軸に大戦争が起きるかもしれません。パレスチナとイスラエルの力の不均衡がこの状況を作りだしているとするなら、核兵器をパレスチナにレンタルするというのも平和的解決の一法(これもdesperateですが)かもしれませんね。

2011/01/19 16:12 [ 編集]
渥美クライマックス MAILURL

土佐犬さんのチャレンジに触発されて、私も新たなことにチャレンジしてみることにしました。今、あまりにもワクワクしているので、思わずお伝えしたくなってしまいました。。詳細は下記の記事に書いていますので、お時間がおありの際にぜひご覧ください。

http://toeic990get.blog36.fc2.com/blog-entry-1002.html

2011/01/19 21:47 [ 編集]
- MAILURL

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/01/25 21:23 [ 編集]
土佐犬 MAILURL

ご参考までさん、こんばんは!いつもためになるお話ありがとうございます。イスラエルの連立政権から労働党が脱退し、Independenceという党ができましたね。連立政権にKadimaを取りこみ、右派を追い出し、穏健派が過半数を占めたら、パレスチナ問題の解決に向けて少しは前進すると思うのですが、考えが甘いでしょうか。パレスチナ側にも問題があります。FatahとHamasが敵対関係にあり、一枚岩ではありません。しかし、2006年?の選挙で有権者はHamasを選びました。恐らく、Hamasが行っている慈善事業(病院の建設など)が人々に支持された一方、Fatahの政治的な汚職が不評だったのかもしれません。そんなHamasを国際社会はテロリストと呼び、まともに相手にしません。GazaではHamasを選んだ人々に罰を与えるように、封鎖という集団罰が課されています。アメリカが仲介したイスラエル・パレスチナの交渉の席にもHamasは当然出席出来ませんでした。パレスチナはまず第一にFatahとHamasの関係を修復、もしくはFatahが再び第1党に戻り、Hamasから人々の気持ちを離す必要があると思います。

ご参考までさんのお話からすると、イランはパレスチナ側に付くでしょう。核兵器をパレスチナにレンタルするのはパレスチナ・イスラエル間の力の不均衡を考慮すると、desperateですが、確かに平和的解決の方法の一つかもしれませんね。

2011/01/25 21:34 [ 編集]
土佐犬 MAILURL

渥美クライマックスさん、こんばんは!コメントありがとうございます。フルマラソンですか!凄いですね。ハーフマラソンなんて、朝飯前という感じで何回も参加されていらっしゃる渥美さんを拝見して、本当に凄いと思います。怪我と体調だけには気を付けて下さい。楽しく走って、良いタイムでゴールできるように祈っていますよ!

2011/01/26 10:35 [ 編集]
ご参考まで MAILURL

最近つくづく感じるのは、現代社会ではpeace time とwar timeの境が著しくあいまいになってしまったこと。
パレスチナ問題の“解決”とは何でしょう?親しいアホで愉快なアメリカ人に聞いてみたところ、イスラエルがパレスチナを完全に征服してしまうしかないんじゃない?とのたまっててましたが、確かに後味は悪いながら、“平和”が訪れ国際社会さんは安心して眠れることになるでしょうね。もしかしたら、われわれは声に出さなくともそれを願っているのかもしれません。
 核兵器には確かに抑止力があるようです。インド・パキスタン(現在休戦状態)の歴史ー特に過去30年-をちょっと見てみてください。核兵器廃絶というのはどう考えても現実味がない。ならば世界中にある8000発ほどの核兵器を人口に合わせて各国に分配するのはどうでしょう?テロリストに渡ったらどうするんだ!なんていう懸念はさておき、完璧なpower balanceが実現して平和(かな?)が訪れることでしょう。

2011/01/29 15:28 [ 編集]
土佐犬 MAILURL

Nさん、初めまして。僕の隠れファンでありがとうございます!(笑)そして、ご心配戴きありがとうございます。元気です。2次試験終了後1週間は休養を取りましたが、その後はいつも通り英語を読んだり聴いています。Nさんもあの日、巣鴨にいらっしゃったんですね。僕に対する質問は確かに専門的なものが多かったと思います。でも、それは僕が専門的な方向に話を進めたからだと思います。常識的な知識で話をしていれば、当たり障りのない質問をされたと思います。英検と違って国連英検は自分の進めたい方向に話を持っていくことができる試験だと思います。でも付け焼刃的な知識で話を専門的な方向に進めると難しい質問をされ、自爆する可能性がありますので、注意が必要です。簡単な質問が来ても、難しい質問が来ても、自分の英語力と知識をフルに活用して答えることが大切だと思います。

Nさんは遠い所から巣鴨に来られたのですね。その行動力と常に挑戦する姿勢に感銘を受けます。国連英検特A級に合格されていると良いですね。応援メッセージ、本当にありがとうございます。本当に嬉しいです。これからも宜しくお願いいたします。

2011/01/29 15:55 [ 編集]
土佐犬 MAILURL

ご参考までさん、こんにちは!コメントありがとうございます。イスラエルがパレスチナを完全に征服してしまえば、確かに一般の人々の生活は平和になるかもしれません。ニューズウイークに面白いデータがありました。以下、ニューズウイーク日本版 2011年2月2日 13ページからの引用です。

パレスチナの意外な本音

もし中東和平が実現したら、現在はイスラエルが実効支配する東エルサレムのパレスチナ人はどちらの国に住みたいか。米シンクタンクの外交評議会(CFR)などが行った最近の世論調査から、彼らの意外な真意が見えてきた。

35% 平等な権利を得られるなら、おそらく、もしくは確実にイスラエル側に住むと答えた人の割合。
30% おそらく、もしくは確実にパレスチナ側に住むと答えた人の割合。
54% 現在住んでいる場所がイスラエルの一部になっても、おそらく、もしくは絶対にパレスチナ側へは移らない  と答えた人の割合。
27% 現在住んでいる場所がイスラエルの一部になったら、おそらく、もしくは確実にパレスチナ側へ移ると答え  た人の割合。

>世界中にある8000発ほどの核兵器を人口に合わせて各国に分配するのはどうでしょう?
>テロリストに渡ったらどうするんだ!なんていう懸念はさておき、完璧なpower balanceが実現して
>平和(かな?)が訪れることでしょう。

確かに完璧なパワーバランスが実現しますね。北朝鮮は核の脅威を使って援助や体制の保障を主張する策が使えなくなりますね。でも逆に各国が核を持っていたら核の抑止力は機能するのでしょうか。核を越える新たな脅威を模索するでしょうか。

Page up▲

Post a Comment

Private message

Designed by mi104c.
Copyright © 2020 土佐犬の英語学習記, all rights reserved.
Calendar
07 | 2020/08 | 09

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Page up▲