FC2ブログ

本気でやります!

2011/03/28(Mon) 23:23
国連英検特A級

東日本大震災を通じて、色々と考えました。人生って何だろうと思いました。そして僕らは自然には絶対に太刀打ちできないなと思いました。それまで築いてきた大切なものを一瞬に失った人々が沢山いらっしゃいます。そう考えると、自分の命や今の生活がこれからどうなるかなんて全く見当もつきません。だからといって落ち込んでいる暇はありません。この今という時間を本気で真剣に生きるということが大切だと思うからです。僕は今まで以上に自分の本心に耳を傾け、後悔しない人生を送りたいと思います。そして、今こうやって生かしてもらっていることに感謝したいです。両親、友人、同僚、地区の人、そして普段お世話になっている方々全てに感謝の気持ちを示しつつ、自分が進むべき道を真剣かつ本気に進みます。

未曾有の大地震が起こり、非常に多くの方々が避難生活を送っていらっしゃいます。こんな時に、地震以外の話題をブログに書くのは正直言って気が引けますが、僕にはこれ位しか書けません。お許し願います。

先日東京に行った理由はテソーラスハウスでレッスンを受けるためです。その日は4月から始まる英検1級2次試験クラスの公開授業が行われる日でした。僕は国連英検特A級の2次試験対策として、プライベートレッスンを約1年間受けさせて戴きました。本当はプライベートレッスンで講師の指名はできないことになっていますが、大変ありがたいことに僕が師と仰ぐ講師の方のレッスンを多く受けさせて戴いています。テソーラスハウスの講師の方々は校長先生を始め、本当に素晴らしい先生ばかりです。英検1級や国連英検特A級の2次試験を独学で合格される方は沢山いらっしゃると思います。そういう方々からすれば、たかが英語試験のために大切なお金と時間を使うなんて勿体ないと思う方もいらっしゃると思います。このような試験に一発で合格される方は本当に素晴らしいと思います。でも、僕はお金と時間をかけても、レッスンを受ける価値はあると考えています。何と言いますか、たった2~3枚のA4サイズの英字新聞の記事の内容があたかもTVでドキュメンタリー番組を見ているかのように縦横無尽に世界が広がっていくのです。これが格別に面白いのです。

国連英検特A級の1次試験まで約2ヶ月になりました。1次試験を突破しなければ、知的な面接官の方々との会話を楽しめないので、ここは何としても合格したいと思っています。1次試験を受験するのは1年8ヶ月ぶりです。相変わらず激ムズの試験だと思いますが、少しでも成長したことを形にしたいと思っています。


いつも暖かい応援ありがとうございます。皆様の応援やコメントにいつも励まされています。少しでも参考になりましたら、下のバナーを3つクリックして戴けると、より一層の励みになります。宜しくお願い致します。

人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村

 

trackBack(0) | Comments(10)

Page up▲

Post a Comment

comments

2011/03/29 22:14 [ 編集]
のりくん MAILURL

「ペテルブルグの路地に彼(キリスト)が無一物で放り出されたとしたら」という幻想のもとにドストエフスキーはムイシュキン公爵『白痴』という人物を創造しました。仏陀在世の時代に彼と名を同じくするもう一人のさまよえる魂がいたらという想定のもとにヘッセは『シッダールタ』という作品を書き上げました。近現代小説の大きなテーマのひとつはすべてを失った時に人は如何に尊厳を保つのかということ。自然災害や巨大な火力は容赦なくすべてを奪い取ります。人の善悪などはまったく度外視され、また、ナポレオンのような英雄も一兵卒も等しく否応なく拭い去られます。もし人生に意味があるとしたらこれらの事実を直視し、何らかの解答を得ることにあるもしれませんね。臨済のいう『無依の真人』のような。ただ、今は危機感を感じているからこのような思いも去来するのでしょうが、またすぐに喉元過ぎればで、のほほ~んと酔生夢死の人生を歩んでしまうのでしょうね。

2011/03/29 22:53 [ 編集]
t.a. MAILURL

私の好きなフリゲ作者の天ぷら氏がこういうことを書いておられました。
http://twitter.com/xxxtempuraxxx/status/52572811583176704
http://twitter.com/xxxtempuraxxx/status/52573251867648000
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E3%81%B7%E3%82%89_%28%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%BC%29
この御時世でも英語を勉強する者にとって些かでも心の救いになったと思いました。

2011/03/29 23:48 [ 編集]
- MAILURL

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/03/30 23:10 [ 編集]
だじゃれ MAILURL

いい言葉です。土佐犬さんの本気モードを感じます。
私も英語を勉強できる幸せを噛み締めています。被災者の人々のことは常に念頭に置き、支援する必要がありますが、土佐犬さんのブログのように前向きなものは、今まで通りの感じでいってもらいたいです。

国連英検まで2ヵ月ちょっとですね。これからドンドン気合が入っていくのではないでしょうか?

私のほうは、5月末のTOEICまでジャスト二ヵ月です。「TOEICテスト公式プラックティス・リスニング編」をやり終えました。TOEIC730点程度までの方となっていましたが、役立ちました。あとは公式問題集3と4を徹底的にやります。5月、6月、7月と連続受験する予定です。なんとかこの3回で満点を記録したいと思っています。

いつ国連英検を受験してもいいように、ボキャビルと国際関連の記事は読み込んでいます。

TOEIC公式プラックティス(1,800円)は実はプレゼントに応募したら当たってしまったものです。先週はクロスワードパズルで図書カード3000円相当が当たりました。こうした不労所得は義援金に回すつもりです。

ではまた。

2011/04/01 22:20 [ 編集]
- MAILURL

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/04/03 21:55 [ 編集]
土佐犬 MAILURL

のりくんさん、こんばんは!凄いですね。このような文章をさらりと書ける、のりくんさんを尊敬します。自然災害の前では、英雄も凡人も一人の無力な人間である。まさにその通りだと思います。だからこそ、今を真剣に生きるということが大切なのかなと思います。

2011/04/03 21:58 [ 編集]
土佐犬 MAILURL

t.a.さん、こんばんは!コメントありがとうございます。僕にとって英語に触れるということは生活の一部なので切り離せるものではありません。t.a.さんもそうなのではないでしょうか。

2011/04/03 22:08 [ 編集]
土佐犬 MAILURL

Nさん、こんばんは!はい、国連英検特A級は一次も二次も難しい試験だと思います。一次試験を余裕で合格するのは至難の技だと思います。やっぱり泥臭くても1点をコツコツ積み上げていくしかないと思います。しかし、過去問を解かずに合格するって凄いですね!お互いに英語を学べる環境にいることに感謝して、勉強頑張りましょう。

実際、コメントを書いて下さるのも大変だと思います。僕は戴いたコメントに返信するのは当然だと思います。僕にとっては礼儀のようなものです。これからも宜しくお願い致します。

2011/04/03 22:19 [ 編集]
土佐犬 MAILURL

だじゃれさん、こんばんは!本気を出さなければ、国連英検特A級は合格できません。本気を出しても合格するという保証はありませんが。でも目標を立てて、それに向けてコツコツ努力することで英語力が上がり、知識が増えていきます。だじゃれさんも本気ですね!5・6・7月のTOEICのいずれかで990点を取る計画ですね。頑張ってください。

>TOEIC公式プラックティス(1,800円)は実はプレゼントに応募したら当たってしまったものです。
>先週はクロスワードパズルで図書カード3000円相当が当たりました。
>こうした不労所得は義援金に回すつもりです。

運がついている証拠ですね。そして、だじゃれさんの姿勢と考え方は素晴らしいです。990点が取れるようにお祈りしています。

2011/04/03 22:27 [ 編集]
土佐犬 MAILURL

kさん、初めまして。コメントを下さり、ありがとうございます。国連英検を受験されるんですね。お互いに頑張りましょう。賞状の大きさはB5サイズだと思います。これからも宜しくお願い致します。

Page up▲

Post a Comment

Private message

Designed by mi104c.
Copyright © 2020 土佐犬の英語学習記, all rights reserved.
Calendar
04 | 2020/05 | 06

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Page up▲