スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

最近感じること

現在、僕は英語力と知識を磨き、国連英検特A級に再度合格することを目標としています。極論を言えば、一度合格しているので、何が何でも合格するぞ!という程の意気込みはありません。でも受けるからには良い点数を取りたいですし、良い結果を出したいと考えています。今、一番楽しいことは毎月2回通学している英語学校のレッスンです。レッスンに備えて、The EconomistやThe New York Timesの記事を精読し、理解できなかった箇所をピックアップします。レッスンでは、理解できなかった箇所を説明してもらい、その後はディスカッションをします。これが本当に楽しいです。英語の勉強なんですが、英語で新しい知識や概念を学ぶのが本当に面白い。そして今までは物事を一つの面からしか考えられませんでしたが、今は必ず肯定側と否定側の意見を考えるようになりました。

中東では現在、シリアの今後に注目が集まっています。 シリアもリビアと同じ結末になるのでしょうか。 

                                  Should the UN apply the RtoP to Syria? 
     In March, the United Nations Security Council took an historic decision and adopted resolution 1973, which affirmed international community's determination to fulfill its responsibility to protect civilians from violence perpetrated upon them by its own government. The resolution authorized the use of all necessary measures, including a no-fly zone, to prevent further casualties and loss of innocent lives in the Libyan civil conflict. Although it seems that the application of the RtoP in Libya has been successful, I believe that the UN should cautiously consider the implications of the RtoP doctrine before applying it to Syria.
    
 Firstly, the Libyan experience was a unique case, and is unlikely to be repeated. Muammar al-Qaddafi had been isolated by nearly all UN member states. The members of the Arab League and other organizations had endorsed the UN's declaration. In addition, China and Russia, the two permanent members of the UNSC who have been most averse to authorizing military intervention under Chapter Ⅶ, had no special relationships with, or interests in, Libya. As a result, they didn't use their veto powers when voting on resolution 1973.
     Secondly, the UN should consider the application of the RtoP doctrine to Syria based on the political and geographical context. Considering the current situation in Syria, if the UNSC were to try to pass a resolution to apply the doctrine, both China and Russia would definitely use their vetoes. They would object to military intervention in Syria, because they fear that to do so could serve as a pretext for regime change in that country. On the other hand, unlike Libya, Syria is surrounded by many US allies. Therefore, if the situation in Syria worsens, it will have catastrophic effects on the US and many surrounding countries.
     In conclusion, I believe that the UN should be cautious in considering the application of the RtoP doctrine to Syria.

ブログの更新をしていない中、いつも訪問してくださり大変ありがとうございます!
いつも暖かい応援やコメントありがとうございます!皆様の応援やコメントにいつも励まされています。少しでも参考になりましたら、下のバナーを3つクリックして戴けると、より一層の励みになります。宜しくお願い致します。


人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村




2011-11-19 : 独り言 : コメント : 14 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-11-20 15:30 : : 編集
結局the RtoP to Syria に賛成? 反対?
2011-11-21 10:46 : LEO URL : 編集
土佐犬さん
この英文すばらしいですね。ご自分でお書きになったんですか。すごい。英字新聞の記者になれますよ。私は不勉強でRtoPの意味がよくわかりませんが、すごく英語らしい英文だと思います。感心しました。
2011-11-21 13:35 : Tad URL : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-11-23 17:41 : : 編集
覚えていらっしゃいますか?3年前英検1級の筆記に合格しながら、面接に4度失敗し、今年の2月に再度、筆記に受かりました。伸び悩んでいたとき、このブログに出会って励まされ、合格できたのでお礼が言いたくて報告しました。これまで英語学校などに通う暇もお金もなくて一人で勉強してきましたが、会話では挫折しました。今回始めて大手ではないけど専門のクラスに通い、86点で合格できました。英語をしゃべるのが本当に苦手で(コミュニケーションは好きですが、発音などができない)、いくら練習しても思うようにしゃべれず、何度もあきらめようと思いました。ここのブログに訪れたのがきっかけで、いろいろな方の英語の取り組みを知ることができ、頑張ることができました。受かったのはうれしいけど、やっと入り口に立っただけで、英語の道はこれからなのだ、と実感します。とりあえずご報告とお礼まで。土佐犬さんも目標に向かって頑張っていっらしゃっていますね。がんばってください。私も英検受験を通じて得た体験と知識をこれからも未来につなげて行きたいと思います。
2011-11-24 06:52 : くんちゃん URL : 編集
Nさん
Nさん、こんばんは!たった今、聞いてみましたが、僕も自信ありません。(滝汗)また後日チャレンジします。最後の手として、ブログの読者の皆様に教えを請うことにします。(笑)
2011-12-04 22:22 : 土佐犬太郎 URL : 編集
LEOさん
LEOさん、こんばんは!僕は現状では、シリアに対するtheRtoPには反対です。ただ、アラブ連盟もシリアの制裁に乗り出しました。しかし、シリア国民は欧米諸国の軍事介入を望んではいないようですね。
2011-12-04 22:29 : 土佐犬太郎 URL : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-12-05 17:44 : : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-12-06 07:53 : : 編集
Tadさん
Tadさん、こんにちは!コメントありがとうございました!色々調べましたが、自分で書きました。まだまだ出来ていない部分がありますので、努力が必要です。

R to Pとは、Responsibility to Protect(保護する責任)の略です。主権国家は自国の国民を保護する責任を持っています。ある国が保護する責任を果たしていないと国際社会が判断した時に、変わって、その国民を保護することが出来ます。リビアが今回のケースに該当します。
2011-12-14 09:16 : 土佐犬 URL : 編集
Nさん
Nさん、こんばんは!Nさんの本気度が伝わってきます。やっぱり何事も基礎固めが大切ですね。上級者程、基礎的なことをしっかりやるものです。

>「得意なのはライティングとスピーキングです。」と胸を張って言えるように。
僕もいつか、そう言ってみたいです。そのためには地道な努力が必要です。

>先ずは英検のすべてのセクションで90%以上達成を目標とすることにします。
凄く高い目標ですね。Nさんの成功を祈っています。僕も頑張らなくては。
2011-12-20 21:08 : 土佐犬太郎 URL : 編集
くんちゃんさん
くんちゃんさん、こんばんは!覚えていますよ!英検1級合格おめでとうございます。面接で失敗して、1次試験から受け直しての合格、本当に大変な道程だったと思います。くんちゃんさんの「絶対に英検1級に合格する!」という諦めない気持ちと地道な努力がもたらした結果だと思います。仰る通り、英検1級は頂点では決してなく、通過点の一つです。でもここまで辿り着く人は少ないですよね。これからも、くんちゃんさんなりの英語道を歩んでください。嬉しいご報告、本当にありがとうございました!僕のブログがくんちゃんさんに少しでもお役に立てたのであれば嬉しいです。
2011-12-20 21:24 : 土佐犬太郎 URL : 編集
Dear F,

Thanks for your usual comment.

Regarding 1), I think that the following sentence expresses my opinion.

The UNSC made a historic decision by adopting the resolution.

Honestly speaking, I didn't pay attention to the big difference between "I did X and Y" and "I did X by doing (or while doing) Y".

As you said, I think that I need to learn 'active grammar' for writing more from now.
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
2011-12-23 11:40 : 土佐犬太郎 URL : 編集
Nさん
Nさん、こんにちは!いつもコメントありがとうございます!紹介して下さった本を、今度(今日?)書店でチェックしてみます。僕も買っちゃうかも。(笑)幼少時から物事を論理的に考えることを当然としてきた人々が大人になって、日本人と議論しても相手になりませんね。日本の外交下手もこの辺に理由があるのかもしれませんね。

>国際化とは外国語を学ぶことではなく、世界標準の論理性を身につけることでしょう。
良いことを言いますね。
2011-12-23 11:59 : 土佐犬太郎 URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

土佐犬太郎

Author:土佐犬太郎
名前:土佐犬
会社員。長野県在住。楽しみながら英語を勉強しています。

英語資格:英検1級、TOEIC990、国連英検特A級 合格4回(2010年度第2回、2012年度第1回、2013年度第2回、2015年度第1回)

国連英検特A級
2009-1 1次:57/54 2次:6/8
2009-2 1次:57/57 2次:3/8
2010-1 1次: -/56 2次:6/8
2010-2 1次: -/60 2次:9/8 ◎合格
2011-1 1次:68/63 2次:5/8
2011-2 1次:55/58 2次:7/8
2012-1 1次:62/68 2次:8/8 ◎合格
2013-1 1次:70/69 2次:7/8
2013-2 1次: -/65 2次:8/8 ◎合格
2014-1 1次:71/72 2次:-
2014-2 1次:69/65 2次:-
2015-1 1次:75/72 2次:8/8 ◎合格
2016-1 1次:71/68 2次:

フリーエリア

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング

日本ブログ村ランキング

にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ ブログランキング・にほんブログ村へ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。