国連英検の重要なニュース

先程、国連英検のホームページを見ていたら、下記のニュースが書かれていました。国連英検のホームページから引用します。

「[重要] 試験問題公開開始のお知らせ」

「かねてよりご要望の多かった試験問題の公開について、国連英検では2012年度第1回試験より試験問題を公開することと致しました。

従来、試験問題冊子を試験終了後回収させて頂いておりましたが、本年度より試験問題冊子をお持ち帰り頂けます。また、試験日翌日に解答速報の掲載を予定しております。」


「サンプルテスト掲載のお知らせ」

「2011年度第2回試験の出題内容(一部)を公開致しました。出題レベル等をご確認下さい。」

国連英検も英検のようになっていくようですね。試験問題冊子の持ち帰り可能、試験翌日に解答速報が掲載されるとは、素晴らしい変更です。国連英検は良い試験だと思うので、これから受験者がどんどん増えていけば喜ばしい限りです。

<追記>
特A級とA級のサンプル問題に目を通しましたが、一番最後に問題の出典が書いてあります。受験される方にとっては貴重な情報ですね。


いつも訪問してくださり、大変ありがとうございます!皆様の応援やコメントにいつも励まされています。少しでも参考になりましたら、下のバナーを3つクリックして戴けると、より一層の励みになります。宜しくお願い致します。

人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村
2012-03-11 : 国連英検特A級 : コメント : 12 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

こんばんわ.

これは大変に嬉しいニュースですね.
これからもどんどん良い試験にしていって欲しいところです,
2012-03-12 00:39 : おくぴょん URL : 編集
うれしい変化
ご無沙汰しています。ホットな情報をありがとうございます。

土佐犬さんのブログを訪問する直前に国連英検の公式サイトを見ていたのに、全く気づきませんでした。

試験問題の一部公開はたいへん喜ばしいことです。特A級の二次試験会場も大阪が増えましたし、受験者は確実に増えることでしょうね。また、出典も貴重な情報です。これで同僚にも受験を勧めやすくなりました。さらに英検のように合格ライン、合格者数、合格率等も掲載してくれたら言うことなしです。

土佐犬さんの向上心にはいつも刺激をいただいています。ありがとうございます。
2012-03-12 00:40 : cosa URL : 編集
土佐犬さんお疲れ様です!

これは良いニュースですね! というかこれにすぐさま気付いた土佐犬さんもさすがです! 

これは国連英検事務局の方が受験者数が増えてきたからもっと増やしたいと思ってやったことなのか、国連英検の受験者が少なくなってきたからやったことなのかどちらかわかりませんが、ポジティブなことだと思いたいですね。

TOEICに次いで社会人に人気の英語試験になってほしいものです。
2012-03-12 20:12 : たくちゃん66 URL : 編集
国連英検特A二次試験についての雑感
 国連英検特A二次試験についての雑感
 英検でも国連英検でも面接者には英国人が多いようなので、国連英検の面接シートに記す「好きな作家」や「尊敬する人物」には英国人を選択すると話が弾むと思います。ですが、よく考えてみると英国人の作家って意外と読んでないんですよね。そこそこ読んではいてもシェークスピアでは大物すぎるし、ディケンズとなるとクリスマスキャロルくらいしか読んでいない。オリバー・ツイストや二都物語などの大作を読むくらいならどうしてもフランスやロシアの大作家たちのほうに目が行ってしまう。オスカー・ワイルドならサロメと幸福な王子まで。バイロン卿にはその生き方に憧れはあるが作品となると…。現代作家で知っているのはカズオ・イシグロくらい。詩人だとワーズワース、コールリッジにテニソンでしょうか。でも作品はほとんど読んでいない。思想家ではバートランド・ラッセルとバーナード・ショーくらい。これまた断片的にしか読んでいない。うーん。そういえばトーマス・ハーディーとかいう作家もいたような…。
 かといってドストエフスキーとかヘルマン・ヘッセとか英米人以外の作家の名前を記しても完全に素通りですからね。おそらく英国ではあまり読まれないんでしょう。それなら、米国人をとなるとこれまた厄介です。エドガー・アラン・ポーとかダシール・ハメット(大ファンです)、サリンジャー、カポーティ、みんなどこか異端の香りがします。では、ヘミングウェイ?ヘンリー・ミラーと大差ないのでは?オー・ヘンリーも悪くはないけどトルストイやスタンダールと比べるとどうしても見劣りします。ジョン・スタインベックならなんとか…。社会性もあることだし。
 前回の面接シートにはジョージ・オーウェルと書きました。これが大当たりです。ミャンマー(彼は若いころ警官としてビルマに赴任していました)情勢と絡めて話せたし、管理社会との関連でアラブの春も論じられました。なによりも、彼の作品は英国人のスタンダードとなっているらしく、作品名を挙げるだけで面接者は嬉しそうな顔をしてくれます。ちょうど僕たちが外国人から村上春樹の作品のタイトルを聞いたときのどこかくすぐったい感じと似ているのでしょう。
 尊敬する人物にはこれまで盤珪禅師や中江藤樹、李賀、李商隠、さらには高倉健まで挙げましたがすべて素通りです。関心事には漢詩、儒学、古文。すべてアウトです。中国や日本文化について質問してくれると考えるほうが愚かかもしれません。ただひとつ、禅にだけは外国人も関心があるようで前回はちらりと触れてくれました。ただ深入りするとなにぶんにも言詮不及の世界なのでさらりと知識だけ披露するのが良いでしょう。
 というわけで、国連英検を受ける人は有名どころの英国人作家を読んでおくことをお勧めします。あまり多作ではなく、主義主張がはっきりしており、社会性がある人がいいでしょう。加えて、スピーキングに絶対の自信がある人ならともかく、会話が続くだろうかと不安のある人はやはり面接シートに或るストーリー性を持たせる工夫が必要だと思います。そうすることにより「私」という存在をより一層強くアピールすることが可能となりますし、仮に話に詰まるようなことがあっても、「私の立場」さえしっかりと確保しておけば大崩れすることだけは免れます。
 今回のコメントは少々長くなりましたが、これから受験を考えている方々の参考になれば幸いです。
 それでは。
2012-03-12 21:08 : のりくん URL : 編集
こんばんは。
私も昨日気がつきました。
出典を明記しているのはいいですね。
以前は試験問題の持ち帰り可でしたから、元に戻ったといえます。

cosaさんがご指摘のように受験者数、合格者数などオープンにして欲しいですね。私が受けた試験でも、こういったデータを公開していないのは国連英検だけです。公開しない特別な理由があるのでしょうか?
2012-03-12 23:21 : だじゃれ URL : 編集
こんにちは。
重要な情報、ありがとうございます。
国連英検も、普通の(?)英検のようにオープンになってくれると、受験者にはありがたいですね。

それにしても問題が難しいですね・・・
A級でもわからない問題ばかりです。
特A級に合格された人の英語力にはまだまだ追いつきそうにないです。
2012-03-15 14:02 : 谷山五郎 URL : 編集
おくぴょんさん
おくぴょんさん、初めまして。コメントありがとうございます。今回の変更は嬉しいですね。英検のように、良い試験になっていって欲しいですね。
2012-03-15 22:44 : 土佐犬太郎 URL : 編集
cosaさん
cosaさん、こんにちは!お元気そうで何よりです。

>土佐犬さんのブログを訪問する直前に国連英検の公式サイトを見ていたのに、全く気づきませんでした。
実は、僕も最初は気付かなかったんですが、下の方にスクロールして初めて気付いた次第です。(笑)

>英検のように合格ライン、合格者数、合格率等も掲載してくれたら言うことなしです。
同感です。また、詳細な説明付きの過去問や二次試験対策の教材を出版してくれれば文句なしです。
2012-03-17 16:12 : 土佐犬太郎 URL : 編集
たくちゃん66さん
たくちゃん66さん、こんにちは!

今回の変更は素晴らしいと思います。僕も最初は気付きませんでした。(笑)
ただ、これで終わらずに、最低限、受験者数、合格者数、合格率等の開示を行って欲しいものです。
やはり、オープンに出来る所はしっかりと情報開示して欲しいですね。

>TOEICに次いで社会人に人気の英語試験になってほしいものです。
英検もありますし、結構厳しそうですね。(笑)
2012-03-20 11:55 : 土佐犬太郎 URL : 編集
のりくんさん
のりくんさん、こんにちは!国連英検の面接シートに記す「好きな作家」や「尊敬する人物」については、自分がよく知っていることが絶対条件だと思います。そこから、のりくんさんのように、話を広げていくことが出来ればうまくいくと思います。
2012-03-20 12:07 : 土佐犬太郎 URL : 編集
だじゃれさん
だじゃれさん、こんにちは!

> 以前は試験問題の持ち帰り可でしたから、元に戻ったといえます。
そうだったんですか。受験者の要望が沢山あったのでしょうね。

> cosaさんがご指摘のように受験者数、合格者数などオープンにして欲しいですね。
私が受けた試験でも、こういったデータを公開していないのは国連英検だけです。
公開しない特別な理由があるのでしょうか?

僕も情報公開には賛成です。英検並みにオープンにしてくれれば最高ですね。
2012-03-20 12:13 : 土佐犬太郎 URL : 編集
谷山五郎さん
谷山五郎さん、こんにちは!国連英検も英検のように、しっかりと情報開示をすれば、受験者は増えるはずです。試験は難しいですが、色々学べる良い試験だと思います。A級は英検1級より少し上のレベルのようです。A級も特A級も難しいですが、努力すれば必ず合格できると思います。
2012-03-24 16:10 : 土佐犬太郎 URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

土佐犬太郎

Author:土佐犬太郎
名前:土佐犬
会社員。長野県在住。楽しみながら英語を勉強しています。

英語資格:英検1級、TOEIC990、国連英検特A級 合格4回(2010年度第2回、2012年度第1回、2013年度第2回、2015年度第1回)

国連英検特A級
2009-1 1次:57/54 2次:6/8
2009-2 1次:57/57 2次:3/8
2010-1 1次: -/56 2次:6/8
2010-2 1次: -/60 2次:9/8 ◎合格
2011-1 1次:68/63 2次:5/8
2011-2 1次:55/58 2次:7/8
2012-1 1次:62/68 2次:8/8 ◎合格
2013-1 1次:70/69 2次:7/8
2013-2 1次: -/65 2次:8/8 ◎合格
2014-1 1次:71/72 2次:-
2014-2 1次:69/65 2次:-
2015-1 1次:75/72 2次:8/8 ◎合格
2016-1 1次:71/68 2次:

フリーエリア

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング

日本ブログ村ランキング

にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ ブログランキング・にほんブログ村へ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索