リスニングのA.M.の自己分析

20080627233743
第138回(5月25日)に受験したTOEICのリスニングのA.M.(アビリティーズメジャード)を分析してみます。

不正解の問題

PART1‐2 ▲7問程度

PART3‐4 ▲4問程度

PART1‐2ではPART1は全問正解のはずなので、PART2で間違えたということになります。確かに?という問題がいくつかありました。消去法ではなく、肝で選んでしまったことがこのような結果になったのだと思います。明らかに「点を取りに行く」姿勢ではありませんでした。もったいないことをしたと反省しています。

その一方、PART3‐4は4問程度不正解ということで、実力は出せたかなと感じています。感想としてはPART3で3問程度?な問題がありました。PART4は1問聞き逃したことをはっきりと覚えています。先読みは成功したと言えるでしょう。

今回はPART2の出来が足を引っ張りました。データを見ると、「短い会話の推測・理解」の方が「長めの会話の推測・理解」より平均点は高いのに対し、私は逆になっています。「瞬発力」が欠けていたと思います。

次回はPART2をしっかり解くと同時に初心に返り、「点を取りに行く」姿勢で臨みたいと思います。
2008-06-27 : TOEIC受験・結果 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

こんにちは★
土佐犬さん、素晴らしい分析ですね!

Part2が鬼門だったのですかね?私もリスニングは意外とPart2で落としました。
そんな印象はなかったのですが、ひっかかってしまったのでしょうか…

明日試験受けられますか??
7月に受けられますか?

また気持ちを切り替えて、土佐犬さんは満点を、私は900点を目指し頑張りましょう☆
2008-06-28 17:49 : yamap URL : 編集
yamapさんへ
こんにちは!yamapさん、コメントありがとうございます。おっしゃる通り、前回はPART2が鬼門でした。でも、「直前の技術」をしっかりやることで、PART2の苦手意識は払拭できるはずです。そして、前田先生のブログにある、「脳内で質問を大きな声で関西弁で叫ぶ」方法。次回は脳ミソをフル稼働して絶対にPART2を成功させます。

僕の次の試験は7月です。今回は試験会場が長野県にないため、お休みです。

僕は先生方とは違うため、狙って990点を取れる力はありません。あくまでも、意識を高く持ち、集中して、TOEICと向き合うこと。そして、何よりも楽しむこと。最高のパフォーマンスが出来れば、自ずと結果は付いてくるはずです。

お互いに「アツク」行きましょう!
2008-06-29 13:57 : 土佐犬 URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

土佐犬太郎

Author:土佐犬太郎
名前:土佐犬
会社員。長野県在住。楽しみながら英語を勉強しています。

英語資格:英検1級、TOEIC990、国連英検特A級 合格4回(2010年度第2回、2012年度第1回、2013年度第2回、2015年度第1回)

国連英検特A級
2009-1 1次:57/54 2次:6/8
2009-2 1次:57/57 2次:3/8
2010-1 1次: -/56 2次:6/8
2010-2 1次: -/60 2次:9/8 ◎合格
2011-1 1次:68/63 2次:5/8
2011-2 1次:55/58 2次:7/8
2012-1 1次:62/68 2次:8/8 ◎合格
2013-1 1次:70/69 2次:7/8
2013-2 1次: -/65 2次:8/8 ◎合格
2014-1 1次:71/72 2次:-
2014-2 1次:69/65 2次:-
2015-1 1次:75/72 2次:8/8 ◎合格
2016-1 1次:71/68 2次:

フリーエリア

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング

日本ブログ村ランキング

にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ ブログランキング・にほんブログ村へ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索