FC2ブログ

国連英検特A級のエッセイ

2013/05/05(Sun) 18:45
国連英検特A級

国連英検特A級の1次試験には、エッセイが出題されます。国連英検特A級の1次試験では、8つの大問とエッセイ(200~250字)を2時間で解かなければなりません。8つの大問を解くだけでもキツイのに、最後にエッセイが待っている訳です。このエッセイのトピックがどの分野から出題されるかは分かりません。分かっているのは、特A級では国連がすべきこと、A級では日本がすべきことを問われることが多いということです。だから、どの分野から出題されても良いように、国連のHPを見て、国連の様々な活動をまとめておくと役に立ちます。また、過去に出題されたトピックが国連英検のHPに掲載されていますので、自分で一通り書いてみることをお勧めします。エッセイの配点は20点あります。20点は大きいですよね!エッセイを白紙で出しても合格できる英語力があれば、それでも良いかもしれませんが、並の受験者では無理でしょう。特A級の合格点は昨年は2回とも68点だったようです。エッセイ抜きで68点を取るということは、マークシートの問題80点で85%の正解率が必要です。(ひぇ~!)

今までの経験で、エッセイで失敗したのは他の問題で時間を使いすぎて、時間が残っていなかった時です。200字に届かないと、5点位しか取れません。逆に、内容の良し悪しを抜きにして、200字を埋めた時は、9点~13点は取れました。決して良い点数ではありませんが。僕が言いたいのは、エッセイの字数をきっちり埋めれば、ある程度の点数は稼げるということです。学習段階で、8つの大問を全て解き終えて、エッセイを書く時間が十分残っている方は問題ありませんが、時間が足りなくなることが分かっている方は、何かしら策を考える必要があると思います。例えば、時間を決めて先にエッセイを仕上げるとか。個人的には、エッセイで11点~13点取り、マークシートの問題で55点~57点(69%~73%)程取るのがベストかなと考えています。

受験される方のお役に立てれば嬉しいです。


ブログにいつも訪問してくださり、ありがとうございます。少しでもお役に立ちましたら、下のバナーを3つクリックして戴けると、嬉しいです。宜しくお願い致します。

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

trackBack(0) | Comments(2)

Page up▲

Post a Comment

comments

2013/05/06 02:41 [ 編集]
のりくん MAILURL

今晩は。

ということは国連知識問題と作文ができれば残りは半分強でも合格だということではないですか。攻略の糸口が見つかりましたね。また、作文が得意な人は二次力もあるはず。さらにはTOEFL制覇への伏線ともなります。まさに一石三鳥というところですね。

2013/05/25 23:46 [ 編集]
土佐犬太郎 MAILURL

のりくんさん、こんばんは。

国連の知識問題はリサイクル問題が減り、2013年度第1回の試験では5割程度でした。それ以上得点するには、教本をじっくり読みこむ必要がありそうです。まあ、正しい勉強方法ですね。教本を読みこむのも悪くないと思います。2次試験にも役立ちますから。あとは作文ですね。250字という短いエッセイで、いかに自分の主張を論理的に展開できるかが鍵ですね。

Page up▲

Post a Comment

Private message

Designed by mi104c.
Copyright © 2020 土佐犬の英語学習記, all rights reserved.
Calendar
04 | 2020/05 | 06

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Page up▲