FC2ブログ

2013年度第2回 国連英検特A級2次試験の質問

2013/12/30(Mon) 22:11
国連英検特A級

先日受験した国連英検特A級 2次試験の質問を書いてみたいと思います。自分で復習する時に使うので、メモ的な意味でも残しておきます。

1. 自己紹介
2. 国連英検受験の動機
3. 尊敬する人物と、その理由
4. 北朝鮮に関する質問
⇒北朝鮮の張成沢氏の処刑についてどう思うか。どのような背景で起きたと思うか。国連はどのように北朝鮮を扱うことができると思うか。もしあなたが国連事務総長だったとしたら、今回の件についてどう思うか。
5. 貧困問題に関する質問
⇒貧困問題を解決できると思うか。どのようにすれば解決できると思うか教えてください。
6. 今年、国連が成し遂げた最も重要なものは何だと思いますか。


受験後の感想としては、凄く出来た!という感じはないものの、全くダメという感じでもありませんでした。今は来年1月の結果を待ちたいと思います。

ブログにいつも訪問してくださり、ありがとうございます。少しでもお役に立ちましたら、下のバナーを3つクリックして戴けると、嬉しいです。宜しくお願い致します。

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

trackBack(0) | Comments(4)

Page up▲

Post a Comment

comments

2014/01/01 15:32 [ 編集]
石黒茂夫 MAILURL

 国連英検特A二次試験面接は、やはり、トレンディな話題に対して、語れる意見と語彙が必要なんですね。来年、また栄冠目指して頑張ろう。さて、工業英検はどうするか? こないだ、Toeicの練習問題を初めてやってみました。のんびり構えていたら、時間切れになりますね。特Aの問題は全部読む時間がない僕ですから、熟読したらかえって点数は落ちるんだろうと、練習問題の時点でそう思いました。日常、海外暮らししていたら、自然に知っているような語彙などが多かったので、トレーニングが効果を出しやすそうな気はしますが。
 なんにせよ、本年もよろしくお願いします。

2014/01/02 00:36 [ 編集]
土佐犬太郎 MAILURL

石黒さん、新年明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いいたします。僕は今年も主にThe Economistを用いて勉強し、国連英検特A級で力試しをする予定です。今年は特に復習を意識してやります。あと、英語を沢山書いて、沢山学ぶこともします。

2014/01/06 13:00 [ 編集]
ken MAILURL

土佐犬様

あけましておめでとうございます。Kenです。本年もどうかよろしくお願いいたします。

さて、私の2次試験の様子もみなさんの参考になればと思い、この場をお借りして記載させていただきます。よろしくお願いします。

試験官は、ネイティブの若い男性(たぶん私より若い、30代半ばぐらい?)、日本人女性(50代前後)、監督官の日本人男性(60代ぐらい)。会場は、大阪学院大学でした。
質問は、7~8割方日本人試験官からでした。監督官からの発言はありませんでした。


1.自己紹介および試験の説明
 →趣味について(音楽を演奏するのが趣味です)の質問が大半を占めました。

2.あなたが国際情勢で興味があることを説明してください
 →シリア情勢、と回答し、シリアについて知っている情報をまとめ、憂慮すべ  き事態である、と伝えた。その後、私の発言に関連し、以下の質問がありま  した。
 「国連安保理の改革は必要か」
  →必要。加盟国が3倍以上になっているし、アフリカ・ラテンアメリカの常  任理事国がないのは、今日的世界情勢を国連が反映しているとは言いがた   い。第2次世界大戦の敗戦国である日本・ドイツをメンバーに加えること   も、国連のこれまでの取り組みの成功をアピールする意味があるので、有意  義だと思う。
  「シリアの10年後はどうなっていると思うか」
  →うまく答えられませんでしたが、なんとか「アサド大統領が退陣し、民主  的選挙によって民主的な政府が発足しているといいと思う」と回答。

3.特定秘密保護法についてどう思うか。それに対する国連の動きは適切と思うか
 →市民の権利を限定する法律であり人権侵害につながるので、好ましくないと 思う。また、国連の人権機関が懸念を表明したのは歓迎する。もっと日本政  府に圧力をかけていいと思う。

4.教育について。TOEFLを英語の入試の代わりにするのに賛成か?
 →反対。TOEFLは入試センター試験に比べて難易度がかなり高い。それに、試 験自体を海外の機関が作成する試験で代替するのはよくない。ライティングや スピーキングの試験を導入するなら、まず英語教員の資質向上が必要。現状で は生徒への指導はほぼ不可能。

5.日本では、学校で国際情勢をあまり教えていないように思うが。
 →「国際情勢」という教科はなく、社会教科の範囲内できわめて限定的に教え ているか、まったく教えていないかどちらか。日本の新聞をみると、国際面の 紙面の狭さが目につくが、そういうところから変えなくてはならない。

6.最後に何かあればどうぞ。(国連に対して)
 →先日、UNHCRのキャンペーンに遭遇し、説明を聞いたので募金しようとした ら、現金は受け付けない、と言われた。銀行引き落としのみ、しかもその場で 必ず申し込んでほしいと言われた(申込書を持って帰るのもだめ)。本当に難 民を助けたいなら、もっとフレキシブルに対応したほうがいいのでは?と伝え た。


4番と5番の設問は、私が教育機関に勤めている、とインタビューシートに記載したから質問されたのだと思います。教育の質問で全体の1/3以上をしめました。試験官によって質問の内容は大きく変わるようですね。

私も、まったくできなかったわけではないですが、もっとうまくできたような気がする、というのが受験後の感想です。結果発表をドキドしながら待ちたいと思います。

長々と失礼しました。


2014/01/24 21:11 [ 編集]
土佐犬太郎 MAILURL

kenさん、遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。こちらこそ、今年も宜しくお願い致します。詳細な2次試験レポートありがとうございました。僕のブログを訪問して下さる、国連英検A級・特A級を目指して勉強している方々の参考にして頂くために、ブログの記事にさせて頂きたいと思います。

Page up▲

Post a Comment

Private message

Designed by mi104c.
Copyright © 2020 土佐犬の英語学習記, all rights reserved.
Calendar
04 | 2020/05 | 06

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Page up▲