自分のために

Junさんのブログ記事を読んで、まさしくその通りだと思いました。過去の記事にも書きましたが、僕は大学2年生の時に、西荻窪の英検1級塾という英語学校に毎週通っていました。当時、この学校で勉強していた方が3か月で英検準1級に合格したり、数か月で英検1級に合格していく姿を自分の目で見てきました。今でもはっきりと覚えています。彼らと僕の差は一体何なんだ?と考えたことを。

当時の英検1級塾は、スパルタで有名でした。英検1級レベルの単語がA4サイズ1枚の紙に100個位載っていて、それをその場で覚えるんです。自分で覚えたと思ったら、講師の所に行って、口頭チェックを受けます。例えば、こんな感じです。

講師「eradicateの意味は?」
生徒「根絶するです。」
講師「OK」
講師「では、tenaciousの意味は?」
生徒「・・・(この間、2~3秒)」
講師「はい、もう1回来てね。」

大体10個位、即答できれば合格でした。合格、つまり帰宅できます。
この紙を渡されるのが平日の夜のクラスだと、確か午後8時か9時位だったと思います。
仕事帰りの社会人の方は、仕事の後ですから非常に大変だったと思います。
学校に来る前も、当然ながら大変でした。
毎週単語テストの範囲が決まっていて、指定された範囲の単語を覚えなければなりません。
単語テストをして、合格点を取らないと翌週は追試が待っています。
更に毎週の授業の予習と復習、更にアメリカ大統領の就任演説の暗唱、個別に課された宿題をやらなければなりません。

全ては英検1級合格のために。結局は全部自分のためになります。どうせ同じ時間を使うんだったら、中途半端にやるよりも、全力でその時間を使い切った方がいいと思います。

(追記)
一握りの天才でない限り、他の人の何倍も勉強しなければ、英検1級なんて合格しないと思っていました。そして、自信を持てませんでした。勉強することに合格する裏付けみたいなものを求めていたのかもしれません。


ブログにいつも訪問してくださり、ありがとうございます。少しでもお役に立ちましたら、下のバナーを3つクリックして戴けると、嬉しいです。宜しくお願い致します。

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 
2014-04-30 : 独り言 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

土佐犬太郎

Author:土佐犬太郎
名前:土佐犬
会社員。長野県在住。楽しみながら英語を勉強しています。

英語資格:英検1級、TOEIC990、国連英検特A級 合格4回(2010年度第2回、2012年度第1回、2013年度第2回、2015年度第1回)

国連英検特A級
2009-1 1次:57/54 2次:6/8
2009-2 1次:57/57 2次:3/8
2010-1 1次: -/56 2次:6/8
2010-2 1次: -/60 2次:9/8 ◎合格
2011-1 1次:68/63 2次:5/8
2011-2 1次:55/58 2次:7/8
2012-1 1次:62/68 2次:8/8 ◎合格
2013-1 1次:70/69 2次:7/8
2013-2 1次: -/65 2次:8/8 ◎合格
2014-1 1次:71/72 2次:-
2014-2 1次:69/65 2次:-
2015-1 1次:75/72 2次:8/8 ◎合格
2016-1 1次:71/68 2次:

フリーエリア

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング

日本ブログ村ランキング

にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ ブログランキング・にほんブログ村へ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索