FC2ブログ

国連英検特A級 2次試験の傾向分析

2015/07/19(Sun) 16:12
国連英検特A級

僕自身、今までに何回も国連英検特A級の2次試験を受験してきました。試験には傾向があります。特A級の場合、2次試験会場で受付を済ませると、2枚のスコアシートと1枚の面接シートを渡されます。そして、待合室で面接シートを記入しながら、自分の名前が呼ばれるのを待ちます。面接シートの内容は下記になります。

a. 家族
b. 現住所
c. 職業
d. 特技
e. 教育
f. 趣味・興味を持っていること
g. 好きな作家・愛読書
h. 尊敬する人物
i. 海外経験
j. 訪れたい国

面接シートにも書いてありますが、答えたくない項目は記入しなくていいこと。記入された内容や記入量によって、試験の採点が影響されることはないこと。僕自身、この面接シートを書いていて一番困ったのが、特技です。しいて言えば、背が高いので、脚立なしで蛍光灯を交換できるとか、高いものが取れる位しかないのですが、そんなことを書くわけにはいかないので、一応ダーツと書いています。ダーツと言っても、ソフトダーツですが、countupなら、780点位は取れたし、cricketも最高3.8位のレーティングを取れたことがあります。最近は全然投げていませんが。

特A級の面接試験では、この面接シートに従って質問されることが多いです。そのため、試験前に実際に書いてみることをお勧めします。そして、項目を書いたからには、それについて質問されたら、浅く深く回答できるように準備しておくことが大切です。

実はもう一つパターンがあるように思います。面接官が面接シートに目を通しはするが、全く関係がないことを質問してくる場合です。今回の面接では、面接シートに関係する質問は海外経験だけでした。それ以外の質問は面接シートに書いてなかったことです。こういう場合もありますので、国内・海外を問わず、問題になっていることはしっかり対応できるよう、事前に準備することが大切です。

今回質問されたものを分析してみると、まさに現在、話題になっているトピックです。

(国内) 集団的自衛権行使の是非、選挙権の年齢引き下げ、安倍政権の評価
(海外) TPP、IS、気候変動

基本的に、国内・海外で話題になっているものは、質問されると考えて準備しておくことがベストだと思います。

いつもブログに訪問してくださり、ありがとうございます。少しでもお役に立ちましたら、下のバナーを3つクリックして戴けると、嬉しいです。宜しくお願い致します。

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ   

trackBack(0) | Comments(0)

Page up▲

Post a Comment

Private message

Designed by mi104c.
Copyright © 2020 土佐犬の英語学習記, all rights reserved.
Calendar
04 | 2020/05 | 06

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Page up▲