FC2ブログ

2015年第1回国連英検特A級2次試験の結果

2015/08/09(Sun) 14:22
国連英検特A級

昨日、国連英検特A級2次試験の結果を受け取りました。僅差で合格か不合格であると、予想していましたが、良い方に転んでくれました。ギリギリ、8点で合格していました。(10点満点で、A級は7点、特A級は8点で合格です。) これで通算4回目の合格です。合格通知は何度受け取っても嬉しいですね。合格すると、合格証のカードが貰えますが、以前と違う形になっていました。

2015_1_SA

今回は仕事が忙しく、なかなか2次試験対策の時間が取れず、厳しい結果を予想していました。また、面接シート以外からの質問が多く、一つの質問で見当違いな回答をしたので、合格は厳しいと考えていました。ただ、個人的には、面接シート以外からの質問は全て新作問題のような感じがして、怖いけれど好きです。(笑)

今回初めて、1次試験・2次試験をストレートで合格できました。これは僕にとって嬉しい成果です。現状に満足することなく、更なる高みを目指して勉強を続けたいと思います。いつ受験しても合格できる英語力と知識力を身に付けるべく受験を続けてきました。ようやく、その力が付いてきたように感じます。


いつもブログに訪問してくださり、ありがとうございます。少しでもお役に立ちましたら、下のバナーを3つクリックして戴けると、嬉しいです。宜しくお願い致します。

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ    

trackBack(0) | Comments(4)

Page up▲

Post a Comment

comments

2015/08/09 15:15 [ 編集]
Tim MAILURL

土佐犬さん

4回目の合格,おめでとうございます。
私には想像もつかない世界です。強烈です。

先日参加させて頂いたセミナーでは,モチベーションの維持というのが1つのテーマになっていました。
これは学習者のほとんどが抱える悩みだと思います。
やる気さえあれば,誰もが高いレベルに到達できるのが語学学習だと思いますが,そのやる気が持続しないために多くの学習者が後戻りをしていると思います。
私も恥ずかしながらその一人ですが。

高いレベルに達し,さらにそれを継続するという土佐犬さんを突き動かすものは一体何でしょうか。
エネルギーの源は一体どこにあるのでしょうか。
呼吸をするように当然のことであればお答えも難しいかとは思いますが。
何かの折に触れていただけると参考になります。

私もようやく英検1級の1次合格までたどり着きました。
何とか次回でパスしたいと思っています。

2015/08/09 16:04 [ 編集]
土佐犬太郎 MAILURL

Timさん、お久しぶりです!英検1級1次合格おめでとうございます!次回で合格を勝ち取ってください。
僕のモチベーションの源は、普段英語を使って仕事をしていて、自分はまだまだだなと思う場面に遭遇した時。
英語の記事を読んでいて、読めなくて、ネイティブの先生に教えて頂いて、霧が晴れるように理解できた時、
分かるって楽しいなと思う時。でも、やはり一番大きいのは、自分の英語はまだまだだと思うからです。
一生勉強だと考えています。

2015/08/11 03:53 [ 編集]
siobhan MAILURL

土佐犬さん、

グレイトです、4回目の合格おめでとうございます。
その持続した学習から、小手先のテクを狙うのではなく
本物の力がしっかりついているんですね。
資格試験合格はやはりあくまで「実力の副産物」というのが
一番かっこいいです!

私は英語の勉強はしばらくできなくて抱えているものと格闘です。

でも忙しさに負けず少しでも土佐犬さんを見習いたいです。

2015/08/11 21:02 [ 編集]
土佐犬太郎 MAILURL

siobhanさん、こんばんは!ありがとうございます。siobhanさんの遠い後ろ姿を目標にして、これからも頑張ります!小手先のテクニックはいらないです。実力を付けるだけです。

Page up▲

Post a Comment

Private message

Designed by mi104c.
Copyright © 2020 土佐犬の英語学習記, all rights reserved.
Calendar
04 | 2020/05 | 06

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Page up▲