FC2ブログ

起爆剤

2016/01/12(Tue) 21:39
独り言

昨日のテソーラスハウスで、凄い方に出会いました。ご職業も凄いのですが、英検1級、通訳案内士、国連英検特A級合格(1次、2次試験共に高得点)の方です。英文の精読を推奨されており、僕と考え方が合致しました。インタースクールの英語通訳者養成講座の指導が超厳しいというお話を聞いて、凄く刺激を受けました。英検1級・TOEIC950以上を保持する受講生の方々が青ざめる程のようです。厳しい指導を受けながら、へこたれず歯を食いしばって勉強している方々が大勢いらっしゃるそうです。その方達の勉強と比べたら、僕の学習は甘いと思います。彼らに一歩でも近づけるように、僕も頑張りたいと思った次第です。

いつもブログに訪問してくださり、ありがとうございます。少しでもお役に立ちましたら、下のバナーを3つクリックして戴けると、嬉しいです。宜しくお願い致します。

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ   

trackBack(0) | Comments(2)

Page up▲

Post a Comment

comments

2016/01/17 11:05 [ 編集]
HN MAILURL

同窓会で通訳学校の話をした、全く凄くない者です。
同窓会では、いろいろなお話ができて非常に有意義な時間が過ごせました。どうも有難うございました。

私自身、特A級に関しては、二次については初受験で運よく合格できましたが、一次は三回目での合格です(過去二回落ちております。)。

また、通訳学校の説明会で、参加者が茫然としていたのは、土佐犬さんが英検準一級の時に訪問した学校です。参加者全体の中に、「いったい何年かければプロの通訳者レベルまでいけるの」という
雰囲気が漂っていました。また、事務局の方が、「40人位の中で進級できるのは年間一人か二人」と言っておりました。外務省の職員は優秀な方が多く、比較的短期で進級する人が多いとも言っておりました。

国際研修室については、そこに在籍していた方及び他の学校の同時通訳課に在籍している方の話として、「相当厳しい学校」「日本一厳しいのでは」と聞いたことがあります。
私も実際に説明会に参加しましたが、一般的な授業内容の説明でした。前述の学校ほどテンションは高くなかったです。

通訳学校の事務局の方が、一般のビジネスパーソンでもプロレベルで通用する方が結構いる、と仰っておりました。
私も、いずれは挑戦したいと思っております。

なお、特A級に関しては、再度受験するとしたら二次試験で10点取ることをを目標にしたいと思っております。最大瞬間風速であっても、10点取れる人はかなりの実力者だと思います。

私自身、英語の勉強を開始したのは年齢的にかなり遅く、自分の信じる道を歩んできたものの、自分の勉強方法に不安を感じることもありました。今回の特A級の合格、及び、土佐犬さんと勉強方法についてお話ができたことで、自分のやり方に少し自信を持つことができました。

機会がありましたら、再びお会いしてお話をお伺いしたいと思っております。

今後ともよろしくお願いいたします。






2016/01/17 19:05 [ 編集]
土佐犬太郎 MAILURL

HNさん、こんばんは!コメントありがとうございます!嬉しいです。
同窓会では酔っていなかったはずですが、色々と勘違いをしていたようです。
でも、刺激的な時間だったのは間違いありません!
私としても、機会があれば、再びお会いしてお話をお伺いしたいと思っております。
これからもよろしくお願いいたします。

Page up▲

Post a Comment

Private message

Designed by mi104c.
Copyright © 2020 土佐犬の英語学習記, all rights reserved.
Calendar
05 | 2020/06 | 07

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Page up▲