FC2ブログ
≪ 2019 07   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2019 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

長野県はメチャクチャ寒いです。マイナス気温が当たり前です。冷蔵庫の中より寒いです。

さて、2018年度第2回の国連英検2次試験の結果が発送されたようです。1次試験の時もそうでしたが、結果が郵送で送られてくるため、毎日郵便ポストを何回も確認した記憶があります。早く結果が来ないかな~と首を長くして待っていました。こういう時に、手紙を受け取る、ありがたみというか嬉しさを実感します。

私は特A級の2次試験に合格する前、3回不合格通知を受け取りました。某掲示板で、「土佐犬さん、また落ちたね。」という書き込みを見て、悔しいと思う反面、次は見返してやる!と思い、良い刺激というか発奮材料にしました。どこの学校だったか忘れましたが、「新潟で2次試験を受けて、英検1級に合格しました。」と言ったら、「新潟の会場だから合格できたんじゃないの?東京は激戦区だから、東京だったら合格できないでしょう。」みたいなことを言われ、見返してやる!と心に誓いました。

特A級の2次試験に何回も落ちたのは、私の実力不足が原因です。実力がある方は、1回目か2回目で合格されます。このブログを運営していて、そういう方を何人も見てきました。

特A級の面接は英検1級のスピーチと違って、会話がメインです。国連や国内・海外の諸問題について質問を受け、回答します。仮に受験者の回答が常識的に考えて、おかしかったとしても、間違っているとは言われません。自分の回答を論理的に説明し、試験官の理解を得ることが出来れば良いと思います。


いつもブログに訪問してくださり、ありがとうございます。少しでもお役に立ちましたら、下のバナーを3つクリックして戴けると、嬉しいです。宜しくお願い致します。

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


国連英検特A級2次には、7点で落ちてしまいましたが、去年11月に久し振りに英検1級に2860点で合格しました。

CSE制になってから、2次試験のボーダーが40点満点中26-28点に上がり、合格が難しくなりました。

地方都市または20歳以下のA日程と、東京大阪などの大都市且つ21歳以上のB日程に別れ、ボーダーがA日程で28点、b日程で26点と違いますが、これが地方の採点の甘さの所為なのか気になるところです。
国連英検特A級2次試験には7点でまた落ちましたが、去年の11月に英検1級に2860点(R709 L707 W839 S605)で久し振りに合格しました。

現在では英検1級の2次試験は、20歳以下または地方都市のA日程と、21歳以上且つ東京大阪などの大都市のB日程に分かれており、ボーダーがA日程で28点前後、B日程で26点前後(40点満点)で、以前より2次試験が厳しくなっています。A,B日程のボーダーの違いが、地方都市の採点の甘さの所為か、スピーキング(特に発音)の凄い年少者の所為なのか気になるところです。
この記事へコメントする















土佐犬太郎

Author:土佐犬太郎
名前:土佐犬
会社員。長野県在住。楽しみながら英語を勉強しています。

英語資格:英検1級、TOEIC990、国連英検特A級 合格4回(2010年度第2回、2012年度第1回、2013年度第2回、2015年度第1回)

国連英検特A級
2009-1 1次:57/54 2次:6/8
2009-2 1次:57/57 2次:3/8
2010-1 1次: -/56 2次:6/8
2010-2 1次: -/60 2次:9/8 ◎合格
2011-1 1次:68/63 2次:5/8
2011-2 1次:55/58 2次:7/8
2012-1 1次:62/68 2次:8/8 ◎合格
2013-1 1次:70/69 2次:7/8
2013-2 1次: -/65 2次:8/8 ◎合格
2014-1 1次:71/72 2次:-
2014-2 1次:69/65 2次:-
2015-1 1次:75/72 2次:8/8 ◎合格
2016-1 1次:71/68 2次:-
2017-2 1次:68/66 2次:-
2018-1 1次:66/66 2次:-

にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ ブログランキング・にほんブログ村へ
このブログをリンクに追加する